知るヒトぞ知る無料のお絵描きソフト「Inkscape 1.0」を開発者が何かと重宝するワケ

Inkscape の歴史

 『Inkscape』という名前は、英語の『ink(インク)』と『-scape(風景)』を組み合わせて作られた。スケッチを描くような制作作業をいつでもおこなえ、ベクターイメージのオブジェクト指向な世界を示している。そうした理由で命名された(参照:Inkscape Wiki)。  こうした意味を持つ『Inkscape』が世の中に登場したのは、今から17年前の2003年になる。しかし、その前身となるとさらに古くなる。  このグラフィックソフトのプロジェクトは、元々 Raph Levien によって作成された、『Gill』(GNOME Illustration Application)として1999年にスタートした。この『Gill』は、Lauris Kaplinski が率いる『Sodipodi』というソフトとして発展する。さらにこの『Sodipodi』から、2003年にフォーク(分岐)して開発がスタートしたのが『Inkscape』となる(参照:Inkscape Wiki)。  『Inkscape』への分岐は、『Sodipodi』の開発者の4人が分離することでおこなわれた。最も大きな目的は「SVGへの完全準拠」だった。標準的なファイル形式に完全に準拠すれば、利用者にとって大きな恩恵がある。他のソフトでも自由にファイルを扱えるし、プログラマーが自分でファイルを改変することも簡単にできる。  『Inkscape』は、多くの開発者が平等かつ活発に参加するオープンなコミュニティで開発がおこなわれた。そのため、多くの開発者が参加して発展することになった。こうした開発者が参加した理由の一つとして、「SVGへの完全準拠」という理想があった。  少し、ソフトウェアと思想や理想について触れておきたい。ソフトウェアには思想や理想がある。何のために開発されたのか、世界をどう変えたいのか。そうした人の思いがあって、初めてソフトウェアは開発される。特に、オープンソースの巨大なプロジェクトには、その思想や理想が大切だ。人々は思想や理想に共感して協力しようと考えるからだ。  『Inkscape』への分岐では、理想である「SVGへの完全準拠」以外にも、多くの変更がおこなわれることが宣言されている(Sodipodi)。  また、『Inkscape』では、クロスプロットフォームを実現する GUIツールキットとして、GTKベースのものが採用されている。クロスプロットフォームというのは、Linux、Windows、MacOS のように、異なる環境をまたいで利用できることを指す。  クロスプロットフォームを実現する方法はいくつかあり、Java などのクロスプラットフォームを実現するプログラミング言語を利用する方法、GTK や Qt といった、GUIツールキットを利用する方法、Electron や NW.js のような、Webブラウザの技術を利用する方法などがある。  『Inkscape』は、2003年のバージョン 0.35 から、徐々にバージョンを増やしていき、0.92 が2017年1月に出て、なかなか次の大きなバージョンアップを達成できていなかった(Inkscape Wiki)。そして3年強の月日を経た2020年5月に、ようやく胸を張って完成と言える 1.0 に到達した。  『Inkscape』の開発開始からは17年、『Gill』の開発から数えると21年かかって、ようやくバージョン 1.0 にたどり着いた。  『Inkscape』はオープンソースなので、そのソースコードに直接アクセスすることもできる。公開は GitLab でおこなわれており、開発者向けのページも用意されている。今回の 1.0 を期に、コードを見てみたい人は、触れてみるとよいだろう。

Inkscape でおこなう簡単お絵かき

 最後に、『Inkscape』を使えば、簡単にお絵かきができるという例で、最近流行っているアマビエを描いたので掲載しておく。色を変えるのも簡単にできるので、カラーバリエーションの『あま火え』『あま冷え』も作成しておいた。
アマビエ

アマビエ

あま火え

あま火え

あま冷え

あま冷え

 この画像を利用した、Webブラウザで無料で遊べるタワーディフェンスゲーム『アマビエディフェンス』もゴールデンウィークのあいだに作ったので、遊んでみてはいかがだろうか。
アマビエディフェンス

アマビエディフェンスタイトル画面

アマビエディフェンスプレイ画面

アマビエディフェンスプレイ画面

<文/柳井政和>
やない まさかず。クロノス・クラウン合同会社の代表社員。ゲームやアプリの開発、プログラミング系技術書や記事、マンガの執筆をおこなう。2001年オンラインソフト大賞に入賞した『めもりーくりーなー』は、累計500万ダウンロード以上。2016年、第23回松本清張賞応募作『バックドア』が最終候補となり、改題した『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』にて文藝春秋から小説家デビュー。近著は新潮社『レトロゲームファクトリー』。2019年12月に Nintendo Switch で、個人で開発した『Little Bit War(リトルビットウォー)』を出した。
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right