「電話再診」で医療従事者を守れ。 新型コロナ災害下を生き抜くヒント

電話再診の注意点は?

 電話再診には幾つかの注意すべき点があります。 ●注意点1:名前に“再診”とある通り、原則として“初診”には利用できません。初診の場合には病院に行き、医師に対面で診察してもらう必要があります。(まだまだ不確定ですが、初診をオンラインで出来るようにしようという動きがあります*。これは政府や厚生労働省が新型コロナ対策として打ち出したもので、実現されれば院内感染防止の強い武器になり得るものです。どのような形で実現されるか、経緯を見守りましょう) 〈*“新型コロナで初診オンライン容認 厚労省、当面の間の時限的な措置|共同通信、4月5日”オンライン初診「特例中の特例」、日医 都道府県には問題事例の収集・検証を要望”|医療介護CBnews 、4月8日〉 ●注意点2:電話再診が利用できるのは、原則として病状が安定している人のみです。前回の受診時と比較して病状が目立って変化している場合には、医師から対面での診察を求められるでしょう。自分の場合に電話再診が可能かどうか、次の診察日の数日前までに病院に確認しておきましょう。 ●注意点3:病院のホームページに電話再診の案内がない場合でも、じつは電話再診を行っている、ということがあります。実際、筆者のかかりつけ病院がそうでした。まずは電話で病院に尋ねてみましょう。

医療従事者、自分、そしてみんなを守るために

 新型コロナ災害が過ぎ去るまで、筆者はこの電話再診という仕組みを可能な限り、積極的に利用していくつもりです。そのようにして院内感染の発生確率を少しでも下げることが、医療従事者を、自分を、そしてみんなの命を救うことになると考えるからです。 <文/井田 真人>
いだまさと● Twitter ID:@miakiza20100906。2017年4月に日本原子力研究開発機構J-PARCセンター(研究副主幹)を自主退職し、フリーに。J-PARCセンター在職中は、陽子加速器を利用した大強度中性子源の研究開発に携わる。専門はシミュレーション物理学、流体力学、超音波医工学、中性子源施設開発、原子力工学。
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right