新型コロナ禍のスペインが中国から輸入したコロナ迅速診断キットに不具合!? スペイン紙報じる

Bioeasy社の迅速検査キット

photo / Bioeasy

スペインが中国企業から購入したコロナ迅速診断キットに不具合!?

 3月26日の時点で、筆者が住むスペインのコロナウイルス感染者は5万人にすぐ手が届くまでに急増している。死者3650人、回復者5400人。ピークに到達するのは4月11日前後と言われているが、それも憶測でしかない。ということは、それまで感染者はさらに増えていく可能性もあることを意味することになる。 そんな中、スペインの代表紙である『El País』が、他紙に先駆けて、スペイン政府が中国のBioeasy社から購入したコロナ迅速診断キットが機能しないことを報じた。  この診断キットは10-15分で陰性か陽性は判断できるということで非常に期待されていたものだ。しかし、スペインの複数の微生物学研究所がそれを検査した結果、診断能力が80%は必要であるのに、同社のそれは30%しかないということが判明したという。ということで、スペイン保健省の配下にあるカルロス3世健康協会は従来のPCR法に基づいた検査を継続する方針を固めたことが同紙によって明らかにされた。  政府はこの診断キットを当初34万テストできる分を購入したという。また昨日25日に政府はこのタイプのキットを550万分のテスト用に注文したことを明らかにした。しかし、それが同じBioeasy社のものであればすべて不良品ということになってしまう。同紙は政府が新たに発注した先については現在不明と報じた。  ただ、同紙が続報したところによれば、この迅速キットはスペイン政府が中国政府から直接支援物資として提供されたものではなく、スペイン政府が国内の代理店を通じて購入したもので、中国国家医薬品局かもBioeasy社にライセンスを出していないものであったと報じており、現在中国政府が他の国に寄付している医薬品にはBioeasyの製品は含まれていないという。

なぜ迅速診断キットが必要だったのか?

 迅速診断キットが至急必要とされていた背景には、PCR法では結果が判明するまでに8時間を要してしまうということがある。特に、医師そして看護師が感染しているか否かが至急必要とされている現在、PCR法は非効率的とされている。というのも、現在まで医師と看護師が合わせて5400人以上が感染しているのである。それは治療看護にあたっている医療スタッフの12%に相当するという。猫の手も借りたい現在、感染が疑われる症状がある医師又は看護師はテストの結果が出るまで自宅などに待機せねばならなくなってしまう。そのため、迅速診断テストであれば10-15分で結果が判明するということで、不足している医療スタッフがこれ以上減る事態を防止するのに役立つと大きな期待を集めていたのである。  また迅速診断キットであれば医療スタッフ全員をテストして症状がなくても感染しているという結果が出れば隔離してもらうということも可能になる。他の医療スタッフを感染させなくても済むという利点があるということだったのである。
次のページ
ラホイ前首相時代の「負の遺産」
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right