「民主化の女神」がユーチューバーになった、その切実過ぎる理由

政治系YouTuber界に黒船来襲!?

2月10日にオープンした周庭チャンネル

開設から2週間でチャンネル登録者は12万人以上に。初回は不器用さ丸出しで「香港民主化運動フィギュア」の組み立て、さらに『漫画 香港デモ 激動200日!』を紹介。このほか、香港人向けの日本語講座をテーマにした放送回も

 「政治運動家にしてYouTuber」と聞いて、真っ先に思い浮かべるのは某公共放送をぶっ壊さんとしている人々だろうか。はたまた、右派論客か。いずれにしろ、その界隈で最も幅を利かせているのは、少々いかつい右寄りのおじさんたち。近年、美少女系アバターを用いた政治系VTuberも登場してきているが、その実像は不明なうえに、いまだ少数派だ。  そんなコアな日本の政治系YouTuber界に、最近、黒船が来襲したのをご存じだろうか? 2月10日に開設されたチャンネルの登録者数は2週間で10万人超え。世界を股にかける発信力を武器に、日本でも数多の支持者を獲得してきた香港の政治運動家・周庭(アグネス・チョウ/23歳)だ。

瞬時に10万人超のファンを獲得

 その「周庭チャンネル」は、一見すると政治色が薄い。バレンタインデーにはチョコを手作りする動画を配信し、「日本人にマスクを勧めたい時はどう言えばいい?」という香港人向けの日本語講座もある。初回は不器用な手つきでフィギュアを組み立てた後、日本で発刊された漫画『香港デモ 激動!200日』(扶桑社刊)を紹介するという内容だった。  だが、組み立てたフィギュアは民主化運動の最前線で戦う女性を模したもので、そのフィギュアの利益の8割が「民主化運動を支持する団体に寄付されます」という。漫画の紹介コーナーでは習近平国家主席のイラストを指しながら、「優しいおじいちゃんみたいです」と揶揄するような場面も。一般に中国本土ではYouTubeそのものが見れないが、仮に中国向けに発信しようものなら、即座に閲覧制限がかかる内容と言っていいだろう。  ただし、瞬時に10万人超のファンを獲得できた理由は、匂い立つ政治色よりも、彼女のポテンシャルにある。第一に、そのビジュアルはアイドルと見紛うほどのレベルだ。彼女をよく知るR氏によれば、「昨年、メイクを覚えてあか抜けた」とかいうから、今後さらに磨きがかかる可能性もあり。  容姿端麗なうえに、アグネスは広東語、北京語、英語に加えて日本語も堪能だ。番組に入る日本語のテロップは本人自ら打ち込んだものだという。“4か国語”を操る23歳の政治アイドル系ユーチューバーなど、日本ではまずお目にかかれまい。  だが、最大の魅力は政治運動に賭ける彼女の姿勢にある。
次のページ
ゆるふわ動画に隠れた闘志
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right