外国人が見た日本の職場。「定時になったのに誰も席を立たないのでびっくり」「きちんと給料日に支払われる」

職場 日本の働き方のおかしなところが一番見えているのは、外国人労働者かもしれない。株式会社JapanWorkが、「日本の働く現場が変えるべき/改善すべき所」というアンケートを実施している。

1位は意外にも履歴書?

   本アンケートは日本に住む外国人126人に1月29日から2月6日にかけて実施。計32ヵ国の人が回答している。  アンケートに回答した人の国籍ではフィリピンが最も多く全体の31%、次いでネパールの18.3%、スリランカの10.3%となっている。なお、その他が31.7%となっており、回答者が少数の国も多数を占めている。  「日本の働く現場が変えるべき/改善すべき所は?」という質問に対して、意外にもというべきか「履歴書の書き方」が21.4%で1位となっている。コメントでは、「漢字を使うことが難しい」(フィリピン出身/30代)や「細かな書き方が分からない」(インド出身/40代)といった言葉の問題が原因としてあげられている。  日本人の感覚としては、履歴書以上におかしい点があると思う人が多数だろう。しかし、理由を見ると1位にも頷けるのではないだろか。言語の壁が日本で働く場合の入口で履歴書という形で立ちはだかっている。  「履歴書の書き方」が1位というのは外国人だからこそとも言える結果だったが、2位以下には日本人も納得の回答が並んでいる。

外国人から見てもおかしい日本の働き方

 2位は19.8%で「業務内容の完全なマニュアル化」。日本の職場における%業務内容の曖昧さに不満を抱いている人が多いようだ。「今の職場は、私が何をしたらいいのか明確な指示がないので困っている」(モンゴル出身/10代)というコメントからもわかるように、個々の職場で頭を悩ませている人は少なくない。 こうした状況に対し、「日本語が難しく、口頭だけでの指示では分からない事があるがマニュアル化すればミスが減ると思う」(フィリピン出身/20代)とマニュアル化を提案する人もいた。  3位は「昇給制度」の15.1%%。日本でこれまで一般的であった年功序列制度に対する批判が向けられている。「明確な昇給システムは、生産性も上げると思う」(ベトナム出身/30代)という辛口な意見も。%  次いで4位は14.3%の「職場環境」、5位は7.9%で「仕事量」。日本人でも辟易する労働時間の長さには、外国人労働者も同様に否定的だ。  「定時になったのに誰も席を立たないのでびっくりした。(中略)残業が当たり前なのは変えるべき」(フィリピン出身/30代)や「正確な勤務時間を記載すべき。私はサービス残業はしない」(アルゼンチン出身/20代)というように日本独自とも言えるような残業文化に懐疑の声が集中している。
次のページ
日本で働くメリットは?
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right