カジノ誘致に反対する“横浜のドン”が安倍首相・菅官房長官に再び反旗

彼ら(政治家)は、何でもメシの種にする

カジノ問題追及本部の国会議員

横浜市のカジノ候補地である山下埠頭を視察するカジノ問題追及本部の国会議員

 そして囲み取材で秋元司衆院議員(元IR担当副大臣)が逮捕されたカジノ汚職について聞かれると、藤木氏は次のように解説していった。 「私たちには追い風でしょう。でも、あんなことは政治家ならみんなやっていることだから。IRが絡んだだけの話で。全部書いたら、何百ページあっても新聞は足りないよ。彼ら(政治家)は、何でもメシの種にする」  90歳とは思えないパワフルな語りぶりの藤木氏に対して、「カジノ問題追及本部」を立ち上げたばかりの野党も注目し、連携を強めようとしている。  1月14日には追及本部メンバーの国会議員が、カジノ候補地となっている横浜市の山下埠頭を視察。市担当者から説明を聞いた後、ここからの立退きを拒否している横浜港運協会でヒアリング。藤木氏の側近である水上裕之・同協会常務理事から、「カジノ抜きのリゾート開発計画」についての説明を受けた。  その後、追及本部を代表して立憲民主党の大串博志・幹事長代理が、藤木氏に対して「野党ヒアリングで話をしてほしい」との要請もした。横浜港運協会のトップと野党が連携しながら、海外カジノ業者の日本進出(日本国民の国富流出)を阻止しようとし始めたともいえる。  野党は、カジノ汚職と桜を見る会と中東自衛隊派遣を中心に安倍政権を追及する構えを見せている。今後の与野党攻防が注目される。 < 文・写真/横田一>
ジャーナリスト。8月7日に新刊『仮面 虚飾の女帝・小池百合子』(扶桑社)を刊行。他に、小泉純一郎元首相の「原発ゼロ」に関する発言をまとめた『黙って寝てはいられない』(小泉純一郎/談、吉原毅/編)の編集協力、『検証・小池都政』(緑風出版)など著書多数
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right