カジノ誘致に反対する“横浜のドン”が安倍首相・菅官房長官に再び反旗

「菅官房長官は安倍首相の腰巾着、安倍首相はトランプの腰巾着」

藤木幸夫会長

横浜港運協会の賀詞交歓会で挨拶をする藤木幸夫会長

「『安倍首相はトランプ大統領の腰巾着』というのはほめ言葉なのです。(腰につける)巾着は、お金が入っているがま口でしょう。スポンサーのことを言うのです。悪い意味で解釈をしてはダメなのです」  こう解説してくれたのは、“ハマのドン”こと横浜港運協会の藤木幸夫会長(90歳)。林文子・横浜市長がカジノ誘致表明をした去年8月、「オレは命を張っても反対する」「(カジノ推進の)ハードパワーと闘うつもりだ」と会見で反対を表明した後、しばらく鳴りを潜めていた。しかし1月6日の賀詞交歓会(港運協会主催)に久しぶりに姿を現して挨拶。囲み取材にも応じて、再び“藤木節”を炸裂させ始めていたのだ。  昨年8月の会見では、カジノ推進勢力を「ハードパワー」と名づけながら、日米の政治構造を分かりやすく説明。「(カジノ誘致表明で藤木氏の顔に)泥を塗ったのは林さんだけど、塗らせた人がいる」「(林氏の背後にいる神奈川2区選出の)菅官房長官は安倍首相の腰巾着。安倍首相はトランプの腰巾着」と指摘した。  トランプ大統領の大口献金者であるアデルソン会長率いる「ラスベガス・サンズ」など米国カジノ業者の意向が米国政府経由で安倍政権に伝わってカジノ法案が成立、日本進出で莫大な利益創出(日本国民にとっては国富流出)が可能となった。  当然、米国カジノ業者が儲かれば儲かるほど、トランプ大統領への献金額は増えることが期待できる。藤木会長が「安倍首相はトランプ大統領のスポンサー」と褒め殺しにしたのはこのためだ。

「カジノ抜きのリゾート開発計画」を紹介

林文子市長と握手をする藤木幸夫会長

林文子市長と握手をする藤木幸夫会長

 そんな “藤木節”は90歳となっても健在だった。顔に泥を塗られた林市長と挨拶後に握手をしたことを問われると、「もう古い付き合いだから。でも『一緒に温泉に行け』と言われても行かないよ。でも、握手ぐらいさせてくださいよ」と答えて報道陣の笑いを誘った。また「カジノ反対の考えに変わりはないか」との質問にはこう答えた。 「(反対に)変わりません。『カジノは悪いものだ』ということがだんだん浸透して来ているでしょう。私が考えを変えることは死ぬことだから。俺はこれからご先祖様のチームに入っていくのだよ。  その時にちゃんと報告できるようにしたいし、現にいま私がしゃべっていることは、先祖がしゃべっていることをしゃべっている。俺自身の意志だとか、頭でなかなか言えることではないのだよ。先祖が私の口を使って話をしていると思ってください」(藤木氏)  冒頭の挨拶で藤木氏は「今日は『お前はマル(賛成)か、バツ(反対)か』という話はなし」とカジノについて直接的な言及は避けたが、亡くなった先人たちへの思いを所々に散りばめていた。  貿易で大きく発展した港湾都市・横浜に「今、いろいろな話が持ち込まれている」と切り出しつつ、「カジノ抜きのリゾート開発計画」を提唱している「ハーバーリゾート協会」のことを紹介。「先祖に顔向けができ、将来の人に喜んでもらえるのが念願です」と述べて、カジノを含む統合型リゾート計画を進める林市長への対抗心を剥き出しにしたのだ。
次のページ
政治家はなんでもメシの種にする
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right