中国人実習生は賄賂の要求を拒否し、成績表をゴミ箱に捨てた<アレックの朝鮮回顧録5>

「富二代」の本科生とは違い、中国の短期留学生は皆勉強熱心で優秀だった(真ん中は他国からの留学生)

 2019年7月4日、北朝鮮の金日成総合大学に通うオーストラリア人留学生アレック・シグリー氏が国外追放された。  朝鮮中央通信はシグリー氏が「反朝鮮謀略宣伝行為」を働いたとして6月25日にスパイ容疑で拘束、人道措置として釈放したと発表。北朝鮮の数少ない外国人留学生として、日々新たな情報発信をしていた彼を襲った急転直下の事態に、北朝鮮ウォッチャーの中では驚きが走った。  当連載では、シグリー氏が北朝鮮との出会いの経緯から、逮捕・追放という形で幕を下ろした約1年間の留学生生活を回顧する。その数奇なエピソードは、北朝鮮理解の一助となるか――?

「富二代」と違い真面目だった中国からの短期留学生

 今回も、前回に引き続き、中国からの実習生(短期留学生)について紹介していきたい。  彼女たちは、なぜ平壌に来ようと決めたのか? 北朝鮮を神秘的に思い、行ってみたいという理由で留学を選んだ人もいる。一方で、韓流のために韓国語を学び始めたが、韓国留学の奨学金を得る競争があまりにも熾烈で、より奨学金を得やすい北朝鮮留学プログラムを申請した人もいた(もちろんソウル行きプログラムよりも申請者がはるかに少ない)。  彼女らは金日成総合大学の教員、寄宿舎職員から好感を得ていたので、我々のような肩身の狭い(非中国人)外国人留学生の社交上の大きな助けになった。  私は彼女たちのうち数名と中国語と英語(全般的に英語が上手い学生たちだった)でよく会話し、一緒に平壌を回ったり寄宿舎でもともに余暇を過ごした。千里馬通りで散歩しながら、ともに色々と語らったのをよく覚えている。

「タバコを1カートンくれたら満点にしてやる」という教授の要求に……

 実習生のうち一人は、教員になりたいという夢を持って中国の名門大学に進学した。中国南方の亜熱帯地方出身である彼女は明るく聡明だが、もともと入ることが難しい英語専攻だった。しかし、韓国ドラマの影響で韓国語専攻に変えた。  彼女は北朝鮮にも興味があったが、金日成総合大学で賄賂のやり取りをみて幻滅したという。「教員という崇高な職業を冒涜するもの」といって悲しむ彼女を、私は「この国の特殊な状況を考えよう」と精一杯、慰めた。  卒業する直前、彼女は「贈り物」を要求されたが、その時に倫理的ジレンマを痛感した。成績が出た後にも、ある教授は彼女に「タバコ1カートンをくれるなら、3点ほどの成績を5点満点に変えられる」と言った。  私は今だに「賄賂」の提案を受けた彼女が見せた行動と、その時の印象を覚えている。当然、彼女は賄賂を贈らず、成績表を受け取るなりゴミ箱に捨ててしまったのだ。  しかし彼女は、否定的な思い出だけを持って朝鮮を発ったわけではなかった。彼女は留学生宿舎の1階にある売店の女性と親しかったが、寂しいときはその女性としばしば閑談していた。彼女が学業を終えて去るとき、売店の女性は彼女にプレゼントとしてノートを贈り、彼女も朝鮮の庶民の温かい心を感じ取ったのだった。
次のページ
帰国日の前倒しを要求した、ロシアからの語学留学生
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right