2020年はベテランロックバンドと女性ヒーロー映画が市場を席巻する! 海外エンタメの最新トレンド

 音楽ならSpotifyやアップル・ミュージック、映像ならネットフリックスなどの普及によって、洋楽、洋画、アメドラなどの海外エンタメがより身近になってきている昨今。日本でも海外と同時に旬な作品を楽しめる様になっているが、果たして今年はどんな作品が話題をさらうのか? 音楽ジャーナリストの沢田太陽氏が占った。

ベテラン〜中堅ロックバンドの復興

ライブ会場

photo via Pexels

 まず、洋楽界だが、活動を長らく休止していたレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンマイ・ケミカル・ロマンスが再始動してワールド・ツアーを行うことが早くも話題となっている。  これに加え、2月にはグリーン・デイ、春先にはザ・キラーズ、このほか、パール・ジャムザ・ストロークスザ・キュアーといった夏フェスではおなじみのバンドたちに新作発表の噂があがっている。  さらに、テイム・インパーラThe 1975といった次代のリーダー格のバンドも2月に早速新作が出るなど、ここ数年、元気のなかったロック勢で話題が豊富な状況だ。  ポップ勢も、1月にはセレーナ・ゴメスホールジーケシャと立て続けにアルバムがリリースされ、2月には今や世界中で現象的人気のKポップ・グループBTSの新作が控えている。今年はさらにリアーナレディ・ガガの新作発表が有力視されている。  R&Bでは、すでに先行シングルがヒットしはじめているザ・ウィーケンド、そして先の2枚のアルバムで先端のクリエイターとして注目が高まっているフランク・オーシャンにも新作の噂がある。  ヒップホップでは、近年流行りのエモ・ラップの真打ち的存在になりそうなリル・ウージ・ヴァートが前半の目玉か。2010年代をリードしたケンドリック・ラマードレイクJコールらにも新作の噂がある。  新人では、ブリット・アウォードのブライテスト・ホープに選ばれた大型女性R&Bシンガーのセレステや、ロックとエモ・ラップを融合した音楽性で人気を集めはじめているヤングブラッドU2のボノの息子イライジャ・ヒューソン率いるバンド、インヘイラーなどの下馬評が高くなっている。

ヒーロー映画は女性が席巻

 「ハリウッドはスーパーヒーローと、リメイクとシークェル(続編)ばかり」と陰口を叩かれるようになって久しいが、今年もその傾向は変わらない。  だが、今年目立つ傾向があるとすれば、スーパーヒーローでなく、「スーパーヒロイン」が目白押しなことか。マーベルは、『アベンジャーズ』シリーズでかねてから人気の『ブラック・ウィドウ』が登場。主演はもちろんスカーレット・ヨハンソン  そしてDCでは、前作が現象的ヒットとなったワンダーウーマンの2作目『ワンダーウーマン1984』、そして『スーサイド・スクワッド』のスピンオフでマーゴット・ロビー扮するジョーカーの恋人、ハーレイ・クインの新シリーズ『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』が2月(日本では3月)に早速はじまる。  また、シリーズものの元祖、007の新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』も主演のダニエル・クレイグが今作でジェイムズ・ボンド役を降りることから、制作の時点からかなり大掛かりなものになることが期待されている。
次のページ 
数十年ぶりの続編映画に豪華キャストのアメドラも
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right