部下に疎まれる上司はここがダメ。「改善するつもりがダメ出ししかできない」

 トップダウンの指示・命令のマネジメントだけでは、人は動かない。上司や先輩といえども、他の人から言われた内容は他人事だ。そこで、ボトムアップの巻き込み型のリーダーシップを発揮して、自分事に感じてもらって巻き込んでいく必要がある。

「改善したいこと」を答えてもらえない

ストレスのイメージ

photo via Pexels

 最も簡単な方法が、上司や先輩が指示・命令の代わりに質問を繰り出して、部下や後輩に答えてもらう方法だ。自分で言ったことは、自分事の度合が高まるという単純な原理を使った手法だ。  ビジネスを伸展させていく際にキーになる局面が、これまで取り組んできた内容を改善する局面だ。同じことを実施していたのでは進歩はないわけで、うまくいっていたとしてもさらに良くするために、うまくいっていないのであればなおさら改善して、成果をさらに上げていく必要がある。  この改善する局面での質問の繰り出し方が、最もむずかしいと言うビジネスパーソンが実に多い。「どう改善したいのですか?」と聞いただけで、部下や後輩は、「ダメ出しをされている」「改善策が正しいかどうか試されている」と思ってしまうケースが多いのだ。上司や先輩側は、そんなつもりはないにもかかわらずだ。  「どう改善したいのですか?」と聞いて部下や後輩が口ごもってしまって答えないでいると、よくあるパターンが、上司や先輩が「思っていることを言え」「早く言え」「何も考えていないのか」……とたたみかけてしまい、部下や後輩を委縮させてしまう。そして、「改善したいことを聞く」という指示・命令の押しつけパターンに陥ってしまい、巻き込み効果がまったく働かないどころか、逆効果になってしまうのだ。

本題に入る前に段階的な質問を

 このように申し上げると、「質問しているのに、答えないとは、答えない部下や後輩が悪い」「こっちは改善したいことを聞いているだけなのに、それで答えないようだったら、指示・命令のマネジメントをするしかない」という声があがる。しかし、私はそうは思わない。こうした状況を防ぐために、最も有効な方法があるのだ。それが、段階的に質問する方法だ。  段階的に質問するということは、いきなり「改善したいこと」を聞くのではなく、改善したいことを聞くということは、うまくいかなかったことがあるわけなので、「うまくいかなかったこと」を聞く段階をとるということだ。  「うまくいかなかったこと」を聞くこと自体、部下や後輩に抵抗感を与えやすいし、「うまくいかなかったことも」あれば、「うまくいったこと」もあるはずなので、「うまくいかなかったこと」を聞く前に、「うまくいったこと」を聞くという段階をもつということだ。
次のページ 
部下の意見を引き出す質問は順番が肝心
1
2
ひとつの質問で合意形成できる! ビジネススキル急上昇 日めくりドリル

ひとつの質問で、合意形成できる! 1日1問で確実にデキるようになる! 年間100社・5000人、20年以上実践してきた能力開発プログラム

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right