「仕事中に240万円の強制ロスカット警告音が鳴ったことも……」負け組トレーダーを変えた「相場の波」を見切る方法

FXイメージ

yukiotoko / PIXTA(ピクスタ)

典型的負け組初心者を「注目のトレーダー」に変えたもの

 ツイッター上で相場予想とトレード成績を公開しているトレーダーたち。その中で異彩を放つ人物がいる。100万通貨単位の大ロットのトレードと精度の高い相場予測を披露している三平氏だ。 「FXを始めたのは’05年。最初は失敗ばかりで、仕事中に240万円の強制ロスカットを知らせるメッセージ音がこだましたことも……。あの音色は忘れもしません」  三平氏が行っていたのは、スワップ金利を狙った円売り取引。当時、流行っていた円キャリートレードだった。その後、一念発起した三平氏は投資本を読み漁ることに。 「そこで気づいたのは、アナリストなどの専門家が総じて『上だ、上だ』と騒ぎ始めたら下がるんだ、ということ。だからリーマン・ショックのときはショートで稼げました。ただ、アナリストの反対をやるだけだと感覚的に過ぎます。裏づけになる指標はないかと探して見つけたのが、RCIでした」  RCIは買われすぎ・売られすぎを見極めるテクニカルの一つ。一般に、RCIが70を超えてきたら買われすぎ、マイナス70を割っていたら売られすぎと見ることができる。だが、三平氏の使い方は“一般”とは少々異なる。

順張り・逆張りでも使える最強のRCI活用法をマスター!

トレンド転換を示唆する3つのうねり〈英ポンド/円〉日足

トレンド転換を示唆する3つのうねり〈英ポンド/円〉日足

「RCIが教えてくれるのは相場の波。小さな波が集まって大きなうねりとなります。RCIがプラスであれ、マイナスであれ、100に近づくほど反転したときのエネルギーは大きくなりやすい。私は5分足、1時間足、4時間足、日足の4チャートを見ていますが、上位足になるほど、エネルギーも大きい。そのため、日足のRCIが3本とも90以上なら売りのチャンス、マイナス90以下ならば買いのチャンスと見る。これは『鉄板』のシグナルです」 ◆トレンド転換を示唆する3つのうねり 1 3本のRCIが上下に張り付いたら過熱サイン  買われすぎの状態が行きすぎると、RCIの短・中・長期の3 本線はいずれも天井に張り付き、売られすぎのときは底に張り付く。3本が+90を超えて張り付いているときは、鉄板の急落シグナルに 2 短期RCIが動き出したらついて行くべし!  +90超えの水準で3本のRCIが天井に張り付いた状態で、短期線が下げ始めたら急落相場に乗るチャンス。チャート上では逆張りになり、不安を覚えるが、売りでビッグトレードを狙うべし! 3 中期RCIが伸び続けるまで利益を伸ばせ!  急落相場での第一の利確ポイントは、いち早く下げ始めたRCIが-90の底まで到達したとき。ただし、短期に追随して中期も綺麗に下げるようなら、中期線が-90に到達するまで利益を伸ばそう  RCIの3本のラインが±90の上下いずれかに張り付いていたら、暴落・暴騰のサインと判断して逆張り。これが、三平式RCI活用法その1だ。
次のページ 
「決済タイミング」もRCIが教えてくれる
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right