慰謝料も払わず「離婚後もたまにデートしような」……。往生際の悪いモラ夫たち<モラ夫バスター40>

弁護士・大貫憲介のモラ夫バスターな日々<40>

 「いきなり電話してきて、お前、なんだよ」  夫(40代)に電話して、私が弁護士と名乗ると、夫は初めから戦闘モードだった。  私は、「よしえ様(仮名)は、離婚したいそうです」「まず、会ってお話ししたいのですが、お時間をいただけますか」とゆっくり尋ねると、夫は一瞬黙って、明日同じ時刻に電話くれと言った。

財産分与、慰謝料なしの協議離婚

 2018年の離婚総数は、約20万件である(参照:人口動態統計の年間推移|厚労省)。  そのうち、調停離婚が成立したのは、約3万5000件である(参照: 婚姻関係事件数―終局区分別|Court In Japan)。  すなわち、離婚6件のうち、おおよそ5件は協議離婚、1件は調停離婚である。弁護士が関わらない協議離婚の多くがどのようなものか、その実態はよくわからない。  しかし、離婚後の法律相談やSNSなどでは、モラ被害妻たちが、財産分与や慰謝料なしで離婚し、養育料も満足に支払われていない事例が散見される。おそらく8割を占める協議離婚はほとんどが、そのような内容なのだろう。

 「お前は俺なしでは生きていけない」

 モラ夫は妻を支配し、家事育児に従事させる。彼にとって、妻はとても都合の良い存在なので、逃げないよう妻を囲い込む。そのため妻が自立しないよう、日々、呪いの言葉をかけ続ける。 「お前など、社会の役に立てない」 「稼げるはずもない」 「俺がいないと、経済的に困るぞ」  被害妻たちは「俺の言うことが信じられないのか!」と怒られ、モラ夫の言葉を疑うことを禁じられている。そのため、モラ夫の呪いを乗り越えることは、容易ではない。
次のページ 
8割の被害妻は、モラ夫を恐れて満足な慰謝料を請求しない
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right