就任からそろそろ半年。タイ代表監督、西野朗氏のタイでの評価はどうなっている?

まだまだかなり好意的に評価されている!

 タイは全体的に西野監督への評価はいまだ好意的で、タイ・サッカーファンはこれからの予選の行方を温かく見守っているところだ。  順風満帆とは言えないまでも、タイ・サッカー協会の関係者に話を聞いても、 「西野監督には期待を寄せています。タイのサッカーファン、それからメディアからも監督は大好評ですよ」という。  実際、11月14日にマレーシアで行われたワールドカップ予選では逆転負けを喫し、その直後に一部批判的なネット記事もあるにはあったが、ネットで検索してみてもほとんどが好意的なものだ。

タイサッカー界の期待を一身に受ける西野監督

サッカースクールで汗を流す子どもたち

サッカースクールで汗を流す子どもたち

 たとえば、タイのネット掲示板で最大とされる「パンティップ」というサイトでは『今回の試合を見て、西野はタイのサッカー選手をよく知らないと感じた』といったタイトルで投稿があった。  投稿者は熱烈な代表ファンで、西野監督の采配に不満があったようだが、 「西野監督もこの試合でタイ人選手、アジア人選手の可能性を知ったんじゃないかな。これからきっとよくなると思うんだ」 として、結局、西野監督への期待で投稿を締めくくっている。この投稿に対する意見なども概ね「マレーシアとの逆転負けは西野監督のせいではない」というようなものばかりだった。  タイ・サッカーは盛り上がっているとはいえ、欧米の「大物」サッカー関係者が来ることはほとんどない。東南アジアの小さな一国にしか見られていないので、有名な人と言えば日本のサッカーに関係した選手や監督、コーチばかりだ。その中では西野監督は格別で、タイのサッカー業界からすればこれまでで一番いい買いものができたとも言える。西野監督はタイ代表の予選突破という夢だけでなく、タイ人の未来も背負っているのだ。 <取材・文・撮影/高田胤臣>
(Twitter ID:@NatureNENEAM) たかだたねおみ●タイ在住のライター。最新刊に『亜細亜熱帯怪談』(高田胤臣著・丸山ゴンザレス監修・晶文社)がある。他に『バンコクアソビ』(イースト・プレス)など
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right