人気上昇中の自転車競技「シクロクロス」。体験イベントで子どもたちも大興奮

 ここ日本でも人気が浸透し始めている自転車競技「シクロクロス」をご存知だろうか? 元々はロードレース選手の冬季トレーニングとして始まり、ヨーロッパを中心に行われている競技だ。

周回数は走行中に決まる

シクロクロスの様子1 シクロクロスとは、1周2.5~3.5㎞ある芝生などの不整地のコースを周回するもので、1種目のラップタイムをもとに競技時間に合わせて周回数が決められることが特徴だ。  たとえば、競技時間が30分で1周目に5分かかったとすれば、6周……。というように、走行している間に周回数が決められるのだ。  そのほか、コースにはシケインと呼ばれる棚場の障害物などが設けられており、いったん下車して進むことになる。上級カテゴリーではドロップハンドルの使用が義務づけられていることも、シクロクロスならではの面だ。  都市部や街中ではなかなか競技を行うのが難しいが、小学生から高校生を対象にシクロクロスを教える、「TCFシクロクロス自転車学校」が開催されるということで、肌身で競技の魅力を感じるべく取材に伺った。

自転車教育の難しさ

シクロクロスの様子2 自転車学校が行われたのは、東京都小平市のとあるグラウンド。まず、午前中は芝生の上やデコボコした道、そして盛り上がった木製のパンプトラックを走る練習だ。  参加者は小さな自転車に乗った小学校低学年の子どもから、ロードバイクやBMX使用の自転車に乗った中学生まで、さまざま。女性の参加者も多く、いずれもヘルメットとサイクルウェアに身を包み、乗っている自転車も本格的……。自転車ブームの盛り上がりを感じられずにはいられない。  今回行われたシクロクロスの自転車教室について、東京都自転車競技連盟普及委員会(TCF)の日置聡氏は、次のように語る。 「TCFでは、『正しい自転車教育とは何か?』ということを考えながら、こういった自転車教室を開催しています。安全性を身につけてもらうことは重要ですが、危険性を訴えるだけではトラウマになってしまう可能性もあります。やはり、楽しく乗りながら危険性についても考えてもらうことが理想ですね。  今回のシクロクロスにしても、普段はやらないこと、道路ではできないことを安全な現場で練習することで、上手くなれるのではないかと思っています」  また、カリキュラムの作成についても注意を払っているという。 「同じスラロームを走るにしても、途中から片手にするなど、飽きさせないように工夫しています」
次のページ 
タイプ別にモチベーションを刺激する
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right