高級マンション居室の床を覆い尽くす髪の毛と異臭。「好きを仕事に」の夢の残滓<競売事例から見える世界44>

夢の職業が破れたとき

Benjamin Balazs via Pixabay

中高生のあこがれの職業「YouTuber」

 ソニー生命保険が中学生や高校生を対象に行う「中高生が思い描く将来についての意識調査」。  今夏発表されたその調査結果が一部で話題を集めた。 「具体的な将来の夢」として男子中学生が回答した職業人気ランキングの上位が、親世代には馴染みの薄いものとなっていたのだ。 1位「YouTuberなどの動画投稿者」(30%) 2位「プロeスポーツプレイヤー」(23%) 3位「ゲームクリエイター」(19%)  同調査で男子高校生から得られた回答を見てみても3位に「YouTuberなどの動画投稿者」(12.8%)、4位に「ゲームクリエイター」(12.3%)と並んでいる。  このように昨今の男子中高生が憧れる「夢の職業」。そんな夢の職業とは無縁と思われる差し押さえ・不動産執行の現場にも、夢の残骸が足元に散らばる事案があった――。

「夢の高級マンション」に不動産執行人が訪れるとき

 ポエムとともに夢を売る。  昨今の時流に乗った、少々“夢先行”感の否めない高級志向マンション。そこまで広いわけでもないエントランスには、誰が弾くわけでもないグランドピアノがポツンと置かれ、暇を持て余している。  一歩外へ出てみると、人影もまばらな街並みに大型スーパーが一つ。  付近に背の高い建物はなく、利用客の乏しい小さな駅が遠目に見えている程度と、描かれる夢は敷地内に留まっていた。  それでも分譲価格帯は“夢の対価”と言わんばかりの掴みにくいもの。  このような価格帯の中でもさらに “ワンランク上”とされる一室に、我々差し押さえ・不動産執行人がゾロゾロと顔を連ねている。  全員が玄関先で強制解錠の行方を見守っているのは、当初の段階から債務者の応答が一切なく、現在の居場所もつかめていないため。  夢の高級マンションではあるが、施錠の構造的抜け穴は庶民派マンションと何ら変わりはない。いつも通りに、ものの数分で扉はこじ開けられることになった。  ここから“いつも通り”と行かなかったのは、扉が開いた瞬間に広がる異臭と不思議な光景が原因だった。
次のページ 
筆者が目にした、床を覆い尽くす「髪の毛」
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right