まるで“終身刑”。被収容者を凶悪犯かのように扱う入管の非道

外の空気を吸えることだけが、唯一良かった

新宿アルタ前で観衆の前で演説するデニズさんとベヘザドさん

新宿アルタ前で観衆の前で演説するデニズさんとベヘザドさん

 法務省、出入国管理庁による外国人への長期収容はますます深刻さを増している。被収容者たちの抗議のハンストはいつまでたっても終わりが見えない。  6月24日、長崎県の大村入管で起きたハンストによる餓死をきっかけに、入管側はハンストをしている人を仮放免しては、わずか2週間で収容を繰り返すという、前例のない方針を打ち出した。  東日本入国管理センター(牛久入管)で、最初にハンストをした4人のうちの1人、イラン国籍のマジットさんは7月9日に2年8か月ぶりに解放され、外に出ることができた。しかし、わずか2週間で再収容となり、再びハンストを開始することとなった。  牛久入管の総務課課長自ら、マジットさんなどハンストをしている被収容者たちに「ハンストを止めれば仮放免をする」と言ったという。2か月以上も待たされて、ようやくマジットさんは10月15日に仮放免となった。しかし期限は10月28日まで。わずか2週間足らずの期間だった。  せっかくまた解放されたにも関わらず、マジットさんは28日の出頭日までろくに睡眠がとれないでいた。「外の空気を吸えることだけが、唯一良かった」と言っていた。  出頭日当日のマジットさんは比較的冷静な様子ではあった。表情を崩すことなく、静かに入管の中に入っていき、もう外に出てくることはなかった。

「イランに帰るくらいなら首を突いて死ぬ」

 10月17日に解放されたイラン人サファリさんも2度目の仮放免となるが、やはり2週間のみの猶予であった。出頭日の前日にサファリさんから、筆者に「マジットさんは収容されたのか?」と電話があり、そうだと答えると非常にショックを覚えたようだった。  絶望の中、彼もまた睡眠をとることができなかった。しかし、「保証人に迷惑をかけるわけにはいかない」と、彼は逃げることなく31日の出頭日に弁護士とともに入管へ現れた。  待たされている間、目には涙をため、ずっと手の震えが止まらなかった。あの時の彼は、まるで処刑台へ向かう死刑執行人の心境と言っても大げさではなかっただろう。彼もまたこの日に顔を見せることはもうなかった。  再々収容後、温厚なサファリさんは今までになかった職員からの“嫌がらせ”をたびたび受けるようになった。ささいな事で保護室(通称:懲罰房)に連れて行かれたり、ボランティアが面会に来ていることを教えてもらえず、会うことができなかったりといったことがあった。  サファリさんを自ら出国に追い込むための“嫌がらせ”とも考えられるが、難民として逃れてきた彼は「イランに帰るくらいなら首を突いて死ぬ」と気持ちは固い。
次のページ 
入管の中で6回の自殺未遂
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right