刑務所内から司令を出し、独房にはジェットバスまで完備!? 知られざるブラジルの麻薬カルテル

麻薬カルテル「CV」のタギングが施された街角

麻薬カルテル「CV」のタギングが施された街角 (Photo by Peter Bauza/picture alliance via Getty Images)

知られざるブラジルの麻薬カルテルの世界

「犯罪が横行する国」というイメージを払拭することを期待されて、ブラジルでは元軍人で強硬派のボルソナロが大統領に選出された。  しかし、今年1月の時点でブラジルの刑務所に収監されている囚人の数は700,489人に及ぶという。その34%はまだ判決が下されていない。一方、2017年に殺害された人の数は64,000人だという。(参照:「Infobae」)  ラテン・アメリカ圏の麻薬カルテルというとメキシコやコロンビアが有名だが、ブラジルにも麻薬カルテルが主要なものだけで3つある。Primer Comando de la Capital(PCC)、Comando Vermelho(CV)とFamilia do Norte(FDN)である。  しかし、他のどの国よりも奇妙なのは、これらのカルテルが、刑務所内で誕生したという理由からである。  刑務所にリーダーがいて、全ての犯罪の指示が彼らによって外部に刑務所から発信されている。  例えば、刑務所からバスを放火せよという指示を受けたそのメンバーや仲間がそれを実行すると1000レアル(27000円)、銀行や商店の放火の場合は5000レアル(135000円)がそれぞれ報酬として支給されるようになっている。ブラジルでファベラと呼ばれている貧民街の住民の中には麻薬を買うのにカルテルから指示を受けて犯罪を犯して報酬を得ている者が多くいるという。(参照:「Infobae」)

富裕層から奪ったカネをファベラの貧民に分けるカルテルも

 3つのカルテルの中で、最も強力な影響力をもっているのがComando Vermelho(CV)だ。このカルテルは1969年にイーリャ・グランジの刑務所で誕生した。リオデジャネイロにある主要なファベラに影響力をもっている。CVの指示で動くメンバーは全国そして隣国のパラグアイを含め5万人いるという。またコロンビアのカルテルやヨーロッパの犯罪組織とも強い絆をもっている。  次に強力なのは、Primer Comando de la Capital(PCC)だ。ここは1990年年代にサンパウロから130キロ離れたタウバテの刑務所で誕生した。ゲリラ戦闘員が主体になってできたカルテルで、16の掟を守ることが義務付けられている。刑務所にいるメンバーには50レアル(1350円)、シャバに居るメンバーは500レアル(13500円)を毎月支払うことが義務となっている。最高リーダーはマルコラと呼ばれている人物で懲役44年の刑に服している。メンバーは2万人で、それに収監しているメンバーが6000人いる。  面白いことに、PCCはロビンフッドのような意識をもって富裕者からカネや物を強奪し、それをファベラの貧民に分け与えることもしている。しかし、富を奪うやり方は狂暴で殺害に至る場合もあるという。  3つ目のFamilia do Norte(FDN)はCVの同盟組織といったような感じの組織でアマゾン地帯のマナオスの刑務所で誕生している。
次のページ 
刑務所内のボスの部屋にはジェットバスまで!
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right