道楽、ここに極まり! 賞金100万円をばらまく「地球で鬼ごっこ」とは!?

佐々木君1トリミング

世界を舞台に「見つけたら100万円」!?

 見つけたら100万円がもらえる“遊び”に夢中で興じる起業家がいる。フィンテック事業で莫大な資産を築き、現在は国際的プロジェクトをいくつも抱えながら世界を飛び回る「佐々木君」こと佐々木健二氏だ。 「僕はふざけた遊びが大好きなんです。これまで巨大ウォータースライダーを買って建てて、ローションを2トン流して滑ったり。パンダの着ぐるみを50人分用意して大阪で踊ったり。『真剣に遊ぶ』が僕のモットーで、とことんやらないと気がすまないんです」  そう語る佐々木君だが、過去の写真をみるとたしかにかなり“ふざけて”いる。たとえば、あるときは特注したパンダの着ぐるみを50体用意して屋形船をジャックしたこともある。

特注したパンダの着ぐるみを50体用意して屋形船に乗る、の図。

 そんな佐々木君が今回始めたのが、冒頭で触れた「地球で鬼ごっこ」という企画。世界中を旅する佐々木君を発見し、見事捕捉したら最大200万円の賞金が出るという、なんとも太っ腹な企画なのだ。

居場所のヒントはインスタで発信。フォロワーも急増

「自分は今、韓国にいるのですが、少し前までは新宿にいました。その2~3日前はバルセロナ、イタリア、トルコ……こんな風に、数日単位で世界を転々としています。  居場所のヒントは、インスタグラムで発信しています。ほぼ毎日、なにかしら更新しています。そこから推測して、僕を見つけてほしい。捕まえることができた人には、海外の場合は100万円。国内の場合は50万円を贈呈します。“ダブルアップ”もありで、その場でじゃんけんに買ったら倍の賞金をお支払いしますよ」
この投稿をInstagramで見る

#エジプト #Egypt 地球で鬼ごっこ!もう9日間も捕まってないのが初めてで不思議な感覚になる. 普通に仕事して、普通に観光して. . 無謀な計画なのは承知なんだけど. 捕まりに行くのも嫌だしな. ストーリーズの協力も現在は控えている. 日本まわる計画を早めるか. 日本の近くに仕事の行くのか. キャンペーンを打つのか. 新しい企画をねじ込むのか. システムを回して捕まえてくれる人を増やすのか. 18〜25歳くらいの若者の目にふれる為のアドバイスを実行も然り. ボランティアグループを作るのも然り. 広告を打つのも然り. . やらなければいけない、. やれば出来ることが多すぎて. . 地球で鬼ごっこがしたい!. 捕まりたくないけど. 捕まりたい!. . 僕には、まるで付き合いたてのカップルがビーチの波際で追いかけごっこをしている様な感覚が脳裏に浮かぶ. 『おーい、待てよー❤️』. 『ほら、捕まえてごらーん❤️』. みたいな状態だが、と言っても波際ではなく街中なので全速力で走って逃げたいんだけどね. . マイルストーンの到達まで. 計画。実行。確認。改善。. の繰り返しだ!. . エジプトのクソ田舎のマイナーな土地にいる事によって捕まらないというのも100も承知。. そろそろ移動だ!!!. 戦闘準備、戦闘態勢に入る!!!. . いいね!投稿の保存!.フォロー!!!!. して頂けると嬉しいです😊. . 僕頑張る. . #海外旅行 #海外生活 #バックパッカー #旅行 #旅行好きな人と繋がりたい #地球で鬼ごっこ #pdca #ファッション #人間嫌い #人間好き

kenjisasakiさん(@sasaki.onigokko)がシェアした投稿 –

 前代未聞の試みだが、ネットでは早くも大反響。「地球で鬼ごっこ」のインスタグラムは開始からわずか数か月でフォロワーが2万8000人を突破。そして、すでに7組の“捕獲者”がでている。
次のページ 
いったいなぜこんなことを……??
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right