全国のパチンコ店が、一斉に鹿目まどかの誕生日を祝った謎

 ぱちんこ 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ

京楽産業の公式サイトより

10月3日が「特別な日」だったワケ

 10月3日、秋葉原。  この日、パチンコ店「アイランド秋葉原店」の午前10時の開店を待つ人の列は4000人を超えた。「アイランド秋葉原店」は、全国でも屈指の人気パチンコ店で、開店前から人が列をなすのは日常茶飯事であるが、これ程の人が集まるのは年に数回しかない。  7月7日や、日や月がゾロ目になる日(5月5日、〇月11日等)、店の屋号に関連した数字の日等、店側が薄利・赤字営業しそうな日を遊技客らが勝手に予想し、いつも以上に人が集まるのはパチンコ業界ではよくある光景なのだが、週のど真ん中の平日で、特に店側も「3」と関連しないこの日に、なぜこれだけの遊技客が集まったのか。それは、10月3日が-ーーー 「鹿目まどか」の誕生日だから

「アイランド秋葉原店」という”聖地”

「鹿目まどか」は、アニメ版権の遊技機の中でも特に人気のあるアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の主人公の名前。アニメの物語の設定で、鹿目まどかの誕生日が10月3日となっている。  そして「アイランド秋葉原店」は土地柄、アニメ版権の遊技機の設置比率が特に高く、また店側もアニメ版権遊技機の営業(出玉)に力を入れている。  他店ではまったく稼働しない遊技機でも、アニメ版権の機種であれば、この店ではフル稼働しているという現象も度々起こり、全国のパチンコ業界関係者も常に注目している店でもある。  鹿目まどかの誕生日だから、アイランド秋葉原店は、「魔法少女まどか☆マギカ」版権のパチスロ遊技機には高設定を入れるだろう。  これがあの日の朝、お店の前に並んだ人たちの「頭の中」である。  ちなみに、「アイランド秋葉原店」に「魔法少女まどか☆マギカ」関連のパチスロ遊技機は、112台しか設置されていないし、そもそも店の総設置台数は581台しかない。  4000人いても100人強しか座れないんじゃ並ぶ意味がないだろうと思われる方がいるかも知れないが、「アイランド秋葉原店」では、開店1時間前までに並んだ人を対象に、公正な入場順番の抽選を行っているのだ。だから冒頭の「4000人以上並んだ」というのも、正確には、この入場順番の抽選に並んだという事になる。  本稿の主旨とは逸れるが、当日の「魔法少女まどか☆マギカ」関連パチスロ遊技機の出玉は、やはり「特別」であったとSNSにも多数報告されている。
次のページ 
なぜ、パチンコ店がまどかの誕生日を一斉に祝い始めたのか
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right