妻を虐げるくせに自分は不貞。モラハラ夫の自己中な下半身<モラ夫バスターな日々30>

不貞をしているモラ夫の典型的な言動

 離婚案件の多くに不貞がある。離婚実務の経験上、多くの事例について、「女からの離婚案件に(夫の)モラあり」「男からの離婚案件の影に女あり」といえる。  以下、不貞の進行の典型例を説明する。 1、不貞の可能性のある対象が現れると、モラ夫は、清潔に気を使い始める。  デートが始まると、モラ夫は機嫌がよくなり、妻へのモラハラも少し和らぐことが多い。この頃から、スマホを肌身離さず持ち、電話がかかってくると、ベランダに出たりする。 2、不貞相手とより親しくなると、突然の「残業」「接待」が入る。  遅くなるとの連絡がなく、心配になった妻が電話しても、携帯の電源が切られていたりする。そして、飲み会や接待のはずなのに酔いが浅かったりする。金遣いが荒くなり、妻への生活費の切り詰めの要求が強まる。 3、男女関係になると、朝帰りが始まる。モラ夫は有頂天になり、自宅にいるときも幸福感に溢れ、モラハラが影を潜めたりという事例もある。  家事や育児の分担を始めるモラ夫までいる。不貞を妻に邪魔されたくないため、妻の機嫌をとっておくのであろう。妻としては、モラ夫の変化が嬉しくて、疑いの目を向けることに躊躇う。つまり、モラ夫の思惑にはまってしまう。 4、この時期は、夫婦間の性交渉においても、以前よりも丁寧で、自己中心的でなかったりする。  むしろ妻との性交渉の回数が増えることもあるが、女性には、この心理の理解が困難なため、疑いを持つ機会を失ったりする。この段階では、多くのモラ夫は、妻に優しくなる。不貞を妻に邪魔されたくないため、妻の機嫌をとっておくのであろう。 5、さらに関係が深まると、休日なのに突然、「上司」から呼び出しがかかったり、重要な「顧客」のクレームが入って、出かけなければならなくなる

「頼むから別れてくれ」と言ってくるケースも

6、不貞相手との関係が更に深まると、宿泊付き出張が入ったりする。  モラ夫は、不貞相手に対しては、通常、妻をディスり、至らない妻と結婚した自らの不幸を嘆き、妻との離婚、不貞相手との結婚を考え始める。不貞相手からネクタイや洋服などを貰い、洋服の趣味が変わることもある。 7、この時期、妻を「邪魔」と思い始め、モラハラの程度が段々と酷くなったり、手が出たりすることもある。  前回の連載記事では、「離婚するぞ」と怒鳴るのは、単に妻を脅しているだけであると書いた。不貞相手がいる場合は、モラ夫は、離婚だ!と怒鳴らず(脅さず)、妻に対し「頼むから別れてくれ」とお願いしたり、「俺、お前と離婚するから」と冷静に宣言したりする。  後日、真実を知った妻の多くは、裏切りの事実を突き付けられ、生活費の切り詰めを強要された真の理由を知り、夫に激しい憎悪を抱く。
次のページ 
多くのモラ夫は風俗通い。風俗嬢にもモラハラ
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right