20代後半〜30代前半は「人生最悪の時期」。乗り越えるための必要なこと

 もし、あなたが20代後半〜30代前半ならば、人生で最も不安を感じている時期かもしれない。今回は、私も一度体験した、多くの人間が経験する「心理的に人生の最悪の時期」についてご紹介する。

5つのフェーズで心理状態が変化

photo via Pexels

 20代後半〜30代前半の読者は、人生の目標を見失ったり、自己肯定感が急激に下がったり、自分の幸せについて悩んだり、不幸せを感じるようになっているかもしれない。  しかし、安心してほしい。それは多くの人が5月病や反抗期を迎えるように、心理的にそう思ってしまう時期であり、それを乗り越えるからこそ、人生の新しいステージへと進んでいけるのだ。  これは、心理学の世界で「クォーター・ライフ・クライシス」と呼ばれている。グリニッジ大学のオリバー・ロビンソン博士の研究によると、人は20代後半〜30代前半の間で、次の5つのフェーズを経験していくということを発見している。 フェーズ 1:仕事、恋愛、あるいはその両者において、自分がした選択のせいで、閉じ込められてしまったように感じる。  たとえば、「転職がしたくてもできない」「パートナーのために自分の時間が取れなくなった」「仕事が忙しくなって自由な時間がなくなった」のように、過去の自分の努力や意思決定が自分の自由を阻害する足枷のように思えて、不自由さを感じるようになる。  ただ、人間は精神的に不安定になると、あらゆるものが足枷になっているように感じたり、思いつきやすいものへ不自由さを感じる責任を押しつけやすい傾向にある。なので、思いつきに任せて不自由を感じる責任をなすりつけると危険だ。  フェーズ1を感じると、時間の経過と共に、フェーズ2へ感覚が変化する。 フェーズ 2:「ここから抜け出さなければ」と感じ始め、思い切って飛び出せばなんとかなるのでは、という思いが募ってゆく。  足枷を外せば自由になれるのではないかと思い、それを外すために転職先を探したり、パートナーと別れた時に得られる自由に対する憧れが強くなっていく。心理的には『逃避』と言われており、逃げるための準備を始めるのだ。

それまでの自分に区切りをつける時期

フェーズ 3:自分の足枷となっていた、仕事や恋愛を終わらせたりして、自分を閉じ込めていたと感じるものと決別する。  あらゆるものから距離を置き、自分が誰であり、何をしたいのかを見つける行動を始める。仕事を辞めて自分探しをしたり、「本当はこれがしたかったんだ!」と見つけると、その行動を始める時期だ。 フェーズ 4:ゆっくりと、だが着実に、人生を再建し始める。  行動を通して、自分の生き方や日常を再形成していく。
次のページ 
ストレスを乗り越えたあとは幸福に
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right