運動嫌いのセミリタイア投資家が、プロテインとサプリを持ち歩くようになったワケ

運動嫌いのインドア派がジムに入会した理由

 そんな彼は、最近ジム通いがマイブームだとか。株主優待券で買った粉ミルク容器は、プロテインやサプリを入れて運ぶのに丁度よいサイズだという。 「平日昼間限定の会員なので、低料金でマシンやプールやスタジオまで使えます。しかもサウナも完備しているので、トレーニング後に〝整う〟ことまでできます。ジムって元祖サブスクリプションみたいなものだから、時間がある人は圧倒的にお得なんですよ」  もともと運動嫌いのインドア派だった彼がジムに入会したのは、ある「気づき」があったからだ。 「周囲の“上がった”人たちを観察した結果、だいたい、『女』、『健康』、『子供の教育』のいずれかに傾倒していく。その3つの中から自分が選ぶなら『健康』でした。いくらお金があっても、病院のベッドの上で過ごす老後だったら意味がない。ほどほどのお金でも、健康体でいたほうが幸せなはず」  自身の生活を「ミニマムリタイア」と名付け、身の丈感を大事にしている栗林氏。人生100年時代を見据えて、今日もストイックに体作りに励む。 ― 勝ち組投資家の[カバンの中身]を拝見! ―
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right