運動嫌いのセミリタイア投資家が、プロテインとサプリを持ち歩くようになったワケ

 世界有数の投資家ウォーレン・バフェットはハンバーガーを好んで食べ、ボロボロの車に乗るという。投資家の持ち物には、投資哲学や信念が宿っているはずだ。そこで取材班はさまざまな分野で成功している5人の投資家のカバンの中身を拝見。人生の成功法則を探った!

機能性の高いリュックに、株主優待専用ポーチを詰める!

不動産投資&優待専門家・栗林 篤氏の鞄  10年近く勤めたIT企業を退職し、セミリタイア生活を謳歌中の栗林篤氏。サラリーマン時代から株式投資と不動産投資を継続し、現在は都内や埼玉にアパート1棟、貸家7軒を保有するほか、3000万円近くの優待銘柄を現物ホールド中だ。  愛用する鞄は、機能性とノートPCの持ち運びにこだわって選んだ、ノースフェイスのビジネスリュックだ。 「今日はいているパンツもノースフェイスで、派手なものより機能性があるものが好きなんですよ」

株主優待専用ポーチ

①無印良品のパスポートケースを株主優待入れに ②中には株主優待券がギッシリ ③着ないときはコンパクトになるパッカブル仕様のトラベルジャケット ④ジムグッズを入れる巾着も無印良品 ⑤家賃管理の通帳や銀行カードは専用ケースで管理 ⑥食事券を持ち歩き外食ではほとんどお金を使わない ⑦赤ちゃん用の粉ミルク容器だが、「プロテインやサプリを持ち歩くのに丁度よい」とのこと ⑧トレーニング時はアミノバイタルを愛飲

 鞄には「株主優待専用ポーチ」を常に入れており、企業から届くさまざまな優待がセミリタイア生活を彩る。 「吉野家、マクドナルド、日高屋、大戸屋など、自分がよく行く外食銘柄は一通り持っています。おかげで外食にはお金を使うことがほとんどありません。最近のお気に入り優待は『すかいらーく』グループで、落ち着いた雰囲気のむさしの森珈琲で使っています」
次のページ 
運動嫌いのインドア派がジムに入会した理由
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right