シャンプーは本当に必要なのか? 髪をお湯だけで洗う人が増えている

消費を減らし、幸せを目指そう

家の風呂

我が家の風呂場は、余計なものがなくてスッキリ

「シャンプーひとつごときで大げさな……」と思われるかもしれない。しかし、大量生産・大量消費・大量廃棄が、異常気象をはじめとして人間社会を蝕んでいることは説明せずとも分かるだろう。  一方で同時に、格差拡大が進み、貧困化する人々が増して、シャンプーを買うのに困る人もいる。カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した『万引き家族』(是枝裕和監督)では、少年がシャンプーを盗む場面がある。家族たちが洗髪はお湯で大丈夫と知っていたら、シャンプーをケチったり万引きしたりする必要があっただろうか。 「消費を増やせ!」と経済成長を目指せば、幸福度や満足度が上り坂、という時代はとうの昔に終わった。その幻想を追いかけて、未だにできもしない経済成長を目指すから、気候も環境も、幸せも暮らしも下り坂になる。もうそろそろ右肩上がりではなく、幸せを目指そう。   政治家も産業界もジャーナリストも「消費を増やし、環境も改善しよう」というが、そんな方程式は、未だ誰も確立できていない。いつか方程式が解けるまで待つのか。待っている間に人類はひどいことになりはしないか。  もう正直に認めよう。「消費を減らして、環境を改善しよう」と。それなら誰でもわかる当然の方程式だ。だが、これだけ言うと「でも、人間の欲望は抑えきれない」という人がいる。  ではさらに言おう。 「消費を減らし、幸せを目指そう」  シャンプー消費を減らしたほうが、買い物選びの時間も減らし、出費も減らし、働く時間も減らし、ゴミも減らせる。その見返りとして、髪の質と健康が増し、自分の時間が増え、家の中がスッキリするのだ。 【たまTSUKI物語 第19回】
1970年生まれ。30歳で大手企業を退社、1人で営む小さなオーガニックバーを開店。今年3月に閉店し、現在は千葉県匝瑳市で「脱会社・脱消費・脱東京」をテーマに、さまざまな試みを行っている。著書に『次の時代を、先に生きる~まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ』(ワニブックス)など。また、筆者の「誰にでも簡単に美味しい料理ができる」調理方法とレシピをYoutube「タマツキテキトー料理 動画&レシピブック」で公開中。 【sosa project】
1
2
3
ハッシュタグ
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right