競争激化のドラッグストア――業界好調でも「都心型」と「郊外型」で明暗

 4月に飛び込んできた「マツモトキヨシHD」(千葉県松戸市、以下「マツキヨ」)と「ココカラファイン」(神奈川県横浜市、本店は大阪市、以下「ココカラ」)が業務資本提携に向けた協議開始のニュース。  そして再編の歯車は動き始める。6月にはスギ薬局を展開する「スギHD」(愛知県大府市、以下「スギ薬局」)が「ココカラファイン」に対して経営統合に向けたラブコールを送ると、マツキヨとココカラも経営統合に向けた協議を進めることを発表。現時点では3社合わせての経営統合は無いとしているものの、それぞれの本当の思惑は分からない。
ココカラファインの旗艦店

ココカラファインの旗艦店(大阪市)。
2018年にZARAの大阪旗艦店跡に出店した最新型店舗だ

業界は「百貨店超え」7兆円-僅か4年で「5位」転落のマツキヨ

 さて「ドラッグストア業界の国内首位」といえば「マツキヨ」だと思っている人も多いであろうが、それは昔の話。マツキヨは2015年を最後に22年続いた業界首位を明け渡しており、近年は毎年のように業界上位の順位が移り変わるという「激戦状態」が続いている。  2018年の大手(業界上位)7社決算(注:以下、決算月は各社異なる。2018年の数値は、一部企業は見込数値)では首位はイオングループの「ツルハHD」(札幌市、以下「ツルハ」)で、それに次ぐのが同じく同じくイオングループ「ウエルシアHD」(千代田区、以下「ウエルシア」)。そして3位は西日本の雄・コスモス薬品(福岡市、以下「コスモス」)、4位はディスカウントスーパー事業で成長する「サンドラッグ」(東京都府中市)となっており、マツキヨはそれに次ぐ5位となった。
ドラッグストア業界上位7社の2018年度決算(連結)

ドラッグストア業界上位7社の2018年度決算(連結)。
各社決算を基に作成。コスモス薬品は見通し数値。
ツルハHDが業界首位となった

 経産省によりドラッグストア業界全体の売上統計が公表されたのは2014年のことであるが、統計開始以降売上高は急激に伸び続けており、とくに2018年度は業界上位を占める大手7社がそろって過去最高の売上高を記録。市場規模は僅か4年間で約5兆円から7兆円弱となり、2019年度には百貨店業界全体の売上高を抜くことが確実視されている。
百貨店・スーパー・コンビニ・ドラッグストアの売上高推移

百貨店・スーパー・コンビニ・ドラッグストアの売上高推移。経済産業省商業動態統計を基に作成。
ドラッグストア業界の伸びは目覚ましい

 現在、業界を牽引する2社はイオンのドラッグストアグループである「ハピコムメンバー企業」に属しており、ともにM&Aによる規模拡大を続けている。  一方で、かつて業界トップであったマツキヨは近年毎年のように順位を落とす結果となっているが、それでも売上は上昇傾向で「絶不調」というほどではなく、大手同士の統合による規模拡大を急ぐ必要はあるのかと疑問を抱く。  しかし、ドラッグストアの業界上位を見ていくと各社それぞれの特徴があり、そしてそれぞれの「成長余地」にも差が見えてくる。  今回は、おもにドラッグストアの「立地」に注目して業界上位各社の特徴を探る。

「イオン系」の「ツルハ」「ウエルシア」

 以下にドラッグストア業界全体と業界上位7社の売り上げ推移を示す。  業界上位7社の近年の売上推移を見ると、特に伸びが目覚ましいのはツルハ、ウエルシア、コスモス、サンドラッグの上位4社だ。
ドラッグストア業界上位7社の売上高推移(連結)

ドラッグストア業界上位7社の売上高推移(連結)。各社決算を基に作成。
いずれの企業も伸びているものの、その伸び率には大きな差がある

 そのうちイオングループである「ツルハ」「ウエルシア」の伸びは先述したとおりM&Aによるところが大きい。両社はイオングループということもあり、M&Aの対象地域が日本全国に亘っていることも特徴だ。  現:ウエルシアHDの基となったグローウェルHDは、マツキヨグループの中核企業の1つであった「高田薬局」(静岡市)がグループを離脱してイオングループのドラッグストア「ウエルシア関東」(東京都)と経営統合したことにより設立されたもの。同社のマツキヨとの「対決」はここから始まったともいえる。  ウエルシアは全国各地の中小ドラッグストアの買収を積極的に進めており、近年では2016年に「クスリのマルエ」(前橋市)を傘下に収めるなどしてマツキヨから業界首位の座を奪ったのち、2017年には「丸大サクラヰ薬局」(青森市)を、2018年には「一本堂」(荒川区)を、2019年には中堅ホームセンター「ジュンテンドー」(広島県府中町)のドラッグストア部門を買収。また、同じイオングループのツルハは2017年に「杏林堂」(浜松市)を、2018年には「ビー・アンド・ディー」(愛知県春日井市)を買収するなど、競い合うようにして経営規模の拡大を図っており、2016年以降はこの両社が業界首位争いを繰り広げている。  なお、ウエルシアはイオンが発行済み株式のうち約51パーセントを保有するのに対し、ツルハのイオン保有株は約13パーセント。ツルハはイオングループとはいえども比較的独立性が高く、本社も1929年の創業以来一貫して北海道内に置かれている。また、ツルハについては外国人観光客が多い立地にも数多く出店しており、免税販売も売上増に寄与しているであろう。
ツルハドラッグ

業界トップに踊り出たツルハドラッグ。
都心型店舗は地域住民と外国人観光客の両方をターゲットとする店舗も多く、店頭には各国の言葉が

次のページ 
勢力を増す「郊外中心型」
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right