れいわ新選組・山本太郎代表、参院選後初の街頭演説で「韓国への紳士的対応」を訴える

不当な扱いだというなら、国際社会を通じて訴え続けるしかない

貿易収支

山本代表は日韓の貿易額と日本の黒字額を示し、「冷製になりましょう」と訴えた

山本代表:中国はいくらぐらいあるのでしょうか。中国も14兆円、日本から輸出をしている。総額14兆8879億円。もちろん中国からも入れて(輸入して)いますよ。これだけ大きな取り引きがお互いにされているということは、切っても切れないんですよ。 「(日韓関係や日中関係を)うまいことやれや」ということなのです。うまいことやるつもりがないのなら、政治などやる必要がない。  外交の失敗が(貿易戦争も含む)戦争です。戦争をしないために政治がある。相手国に対して、言いたいことがあるのはお互い様でしょう。そこを乗り越えるのが大人なのではないの。そこを乗り越えるのが政治なのではないの。 「弱い犬ほどよく吠える」ということはやめましょうということなのです。「もっと、どっしりと構えなくてどうする」ということなのです。逆に言えば、「向うの国から不当な扱いをされた」と言うならば、国際社会を通じて訴え続ける以外にない。それが大人の手段なのです。  そうでないならば、(日韓関係をさらに悪化させることを)やってしまうしかない。でも、やってしまうということによって、これだけ大きな損失がある。これ(年間6兆円の輸出額)ほど大きな損失が出ることなら止めましょうよということなのです。本当に単純なのです。

国益のためには冷静になって、2国間に亀裂が入ることはしてはいけない

れいわが始まる

「れいわが始まる」と題して、参院選後初の街頭演説を行った山本代表

山本代表:内政の失敗、数々あるじゃないですか。あなたが息苦しいとか、消えたくなるとか。(聴衆の若者から「韓国は死んでしまえ!」というヤジが飛んだのを受けて)「韓国は死んでしまえ!」と言われている方がいらっしゃいましたが、韓国は死にません。日本も死なないように。  恐らく(ヤジを飛ばした若者は韓国と)交流がないのでしょうね。私なんかは芸能界にいたのですね。山本太郎、16歳の時から芸能界にいて、いろいろな作品に出ている中に韓国で撮影したものもあるんです。日本の映画で、韓国で撮影したものもあるし、日韓合作のものにも出たことがある。  3か月とか半年とか撮影の期間、韓国にいたことがあります。当然、韓国のスタッフだとか、いろいろな交流があるわけですね。韓国映画界の人たちって、むちゃくちゃ日本映画に影響されているんですよ。 「何の映画を見て育って来たのか」「自分が尊敬する映画人は誰か」という話になった時に、いろいろな日本の映画人の名前が出てくるわけですね。一緒に仕事をしているものとして、尊敬しあって仕事をしていく。  そういう交流、私は映画という世界だったけれども、恐らく他にもいろいろありますよね。(韓国と)交流があれば、(ヤジを飛ばした若者の)そういう気持ちも変わってくるかも知れないですね。文化的交流も必要になってくるだろうし。 「韓国死ね!」と言っている人が、この1か月に焼肉を食べているかも知れないし(笑)、キムチを食べているかも知れません。「ちょっと冷静に行こうぜ」ということなのです。  いちばんは何かというと、国益のためなのです。そのためには不用意な発言で2国間の間に、亀裂が入ることはしてはいけない。たとえ相手方が(不用意な発言を)したとしても、日本側はあくまでも紳士的に対処するというのが国際社会のルールです。日本は成熟した国なのでしょう。成熟した国ならば、そのような対応が必要だと思います。 ※ ※ ※ ※ ※  ナショナリズムを煽る政治手法の安倍政権(首相)に対して、山本氏は成熟した国としての紳士的対応を求めた。どちらが日本国益に即した発言をしているといえるだろうか。参院選の熱気と勢いをそのままに、日韓関係でも脱・安倍政治のメリットを力強く、かつ分かりやすく語る山本氏。いまや政権交代の“斬り込み隊長役”に急浮上し、野党陣営のリーダー的な存在感を示し始めたように見えるのだ。 <文・写真/横田一>
ジャーナリスト。8月7日に新刊『仮面 虚飾の女帝・小池百合子』(扶桑社)を刊行。他に、小泉純一郎元首相の「原発ゼロ」に関する発言をまとめた『黙って寝てはいられない』(小泉純一郎/談、吉原毅/編)の編集協力、『検証・小池都政』(緑風出版)など著書多数
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right