日経225オプションを上手に使って「暴落リスク」に備える方法

 日経平均は平成最後の4月相場で2万2000円を回復したものの、その後下げ調子。米中衝突で主要通貨も下げ基調。買えば儲かる金融商品はまず見当たらない。こんな状況で稼ぐには売りしかない。下げ相場でも稼ぎ倒すマスターたちの手法を魂に刻むべし!

株価暴落時にプットが数百倍に!? 日経225オプションで掛け捨て保険代わりの活用法

「オプション」をご存知だろうか? 簡単に言えば、買う権利である「コール」と売る権利である「プット」を売買する金融商品だ。日経225オプションならば、「日経平均を2万2000円で買う権利」などが、日々取引されている。先物と同様、権利の行使期限が設定されており、直近の日経平均が2万円前後で、1か月後に満期を迎える権利行使価格2万500円のコールオプションなどは、1か月後の日経平均を下回る価格で購入できる権利となりえるため、価格(プレミアム価格)が跳ね上がることになる。少々難解に感じるかもしれないが、その活用法は無限だ。

【プット・オプションの仕組み】オプションの価格を決定づけるのは株価と権利行使価格の差から測れる本質的価値と、満期までの期間とボラティリティからなる時間的価値。満期までの時間が長いほど高くなる

「まずは株の暴落リスクに備えてプット・オプションを買っておくところから始めたらいいでしょう」

暴落時の損失をカバーすることができる

 こう話すのはFISCOマーケットレポーターの三井智映子氏。自ら、オプション投資も行っている。

三井智映子氏

「プット買いは“掛け捨て保険”になります。日経ETFや日経先物を買っている人は、日経225のプット・オプションを買っておけば『〇〇ショック』などの暴落時の損失をカバーすることができるでしょう。安いもので1~10円ですから、10円×1000倍で1万円もあれば購入できます。掛け捨てなので、それ以上の損失は発生しません。一方で、株価暴落時にはそのプットのプレミアム価格は跳ね上がるんです」
次のページ 
1年に1回は『〇〇ショック』試してみる価値アリ!
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right