菅官房長官登壇の選挙演説会で会場を仕切る菅原一秀衆議院議員がジャーナリストを不当排除

招待状も紹介者も必要なし?

菅義偉&武見敬三菅原一秀

菅義偉&武見敬三菅原一秀

 我々が排除される一方、ホール内の様子も判明した。菅原議員は他の弁士が演説中もずっとスマートフォンを操作していたという。秘書に指示を出していたのであろうか。  何人かの来場者に確認したところ、招待状や紹介者がなくても受付で住所や名前など個人情報を書けば入場できたという。

統一教会幹部の姿も!

 主役の菅義偉官房長官と武見敬三候補が次の個人演説会会場である世田谷へ向かい、壇上に残ったのは菅原議員の他にはやはり統一教会と関係の深い山加朱美都議会議員や区議会議員、菅原後援会関係者、そして自民党の全国比例候補の秘書など。  主役がいなくなったためか退場する人も多くいた。ホールから出てきた人物をチェックしていると、その中に見覚えのある男性がいた。統一教会の都内教区で政治家などの渉外を担当していた人物だ。声をかけたが、素っ気ない態度で立ち去った。
統一教会(家庭連合)幹部の姿も

統一教会(家庭連合)幹部の姿も

 菅原一秀事務所が主催し「招待状がないと入れません」と秘書が力説する催しに統一教会の幹部が参加していたのだ。

回答期限は参院選投開票日翌日

 この日の取材を終え、改めて感じたのは菅原議員の余裕の無さだ。公開質問状の回答期限は7月22日、今回はまともな回答が返ってくることを期待したい。(文中敬称略) <政界宗教汚染~安倍政権と問題教団の歪な共存関係・番外編> <鈴木エイト(やや日刊カルト新聞主筆) 取材協力・写真/藤倉善郎(やや日刊カルト新聞総裁)・Twitter ID:@daily_cult3
すずきえいと●やや日刊カルト新聞主筆・Twitter ID:@cult_and_fraud。滋賀県生まれ。日本大学卒業 2009年創刊のニュースサイト「やや日刊カルト新聞」で副代表~主筆を歴任。2011年よりジャーナリスト活動を始め「週刊朝日」「AERA」「東洋経済」「ダイヤモンド」に寄稿。宗教と政治というテーマのほかに宗教2世問題や反ワクチン問題を取材しトークイベントの主催も行う。共著に『徹底検証 日本の右傾化』(筑摩選書)
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right