秋田で応援演説の小泉進次郎氏を直撃。「イージス・アショアになぜ触れないのですか?」

配備予定地の秋田でも、イージス・アショアには一言も触れなかった

中泉氏を応援

参院選告示日の7月4日、激戦区である秋田選挙区内の3か所で街頭演説、自民党公認で公明推薦の現職・中泉松司候補への支持を訴えた小泉進次郎・厚生労働部会長

 自民党の小泉進次郎・厚生労働部会長が「参院選(7月21日投開票)」で全国を飛び回っている。告示日の7月4日には、まず滋賀県選挙区で「卒原発」で有名な嘉田由紀子・前滋賀県知事に苦戦している二之湯武史候補への応援演説を行った。  その後、午後からは陸上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」配備の逆風に苦しむ中泉松司候補の秋田に駆けつけた。そして、秋田市を皮切りに大仙市と横手市でマイクを握ったが、争点となっているイージス・アショアについては一言も触れなかったのだ。  自公推薦候補の応援演説で3回現地入りした去年9月の沖縄県知事選でも進次郎氏は、辺野古の「へ」の字も語らなかったのと同様、参院選秋田選挙区でもイージス・アショアの「イ」の字も口にしなかったのだ。

「中国と違って日本は自由」と、自民党への支持を訴える

人気抜群の小泉進次郎氏

どこへ行っても人気抜群の進次郎氏。全国を飛び回り、自民党のマイナスイメージを払拭するのに貢献している

 約12分間の演説で大半の時間を割いたのが、争点に急浮上した「年金2000万円問題」だ。ここでも進次郎氏は、麻生太郎・財務大臣が金融庁審議会の報告書を受け取らなかった“隠蔽工作”への釈明も謝罪もせず、「制度に対する理解不足が年金不安の原因」と強調した。そして、「人生100年時代に合わせた年金制度改革」に一緒に取り組んでいる中泉氏への支持を訴えた。  続いて進次郎氏は、「(年金問題以外に)もう一つ、我々の世代が問われている大きなテーマは、アメリカと中国という二つの大きな国に挟まれている日本が何を強みに生きていくのかということです」と国際問題について語り始めた。  アメリカについては「アメリカ変わって来ましたね。ずいぶんアメリカ人、変わって来ました」とだけで済ませた。そして大半を中国批判に費やし、”「自由民主党」は、中国と違って自由な選択が可能な国作りをしている”として、支持を訴え、演説を終えたのだ。
次のページ 
「イージス・アショアについて触れなかった理由は?」と問われた進次郎氏……
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right