2度の豪雨でたやすく崩落した伊方発電所周辺集落の避難路。蓮池氏とへこみデミオ号で回ってみた

旧国道197号線(伊方町道)二見・塩成間道路崩壊地点2

旧国道197号線(伊方町道)二見・塩成間道路崩壊地点2016/8/13牧田撮影
海側に半分以上崩れている。標高は60m前後あり、かなり怖い

 れいわ新選組から参院選立候補が決まった蓮池透氏の四国リレー講演会に同行する機会を得まして、その模様をリポートしています。前回まで(過去の回は1,2,3を参照)は、四国・伊方発電所周辺の立地について、筆者の愛車「へこみデミオ」号と徒歩でその驚愕の模様をお伝えしました。今回はさらに伊方発電所の原子力防災について、蓮池さんと一緒に見ていきましょう。なお、写真など配信先によってはこちらの意図通り見られない場合もございますので、その場合は本体サイトよりご覧ください。

三崎から旧197号線入り口へ

 夕闇迫る中、蓮池さん一行を乗せた「へこみデミオ」は、佐田岬半島を東へと国道197号線を疾走します。この197号線(山頂道路)は、三崎から湊浦まで信号機がひとつも無い線形のたいへんに良い道路です。一方で、全線50km/h規制のため、覆面パトカーにとっての絶好の狩り場です。県外ナンバーの自家用車はカモにされます。しかし、標高150~200m超という山頂付近に敷設されているため、集落との接続に難があります。また、数多くのトンネルと橋梁があるために大災害時に不通ないし車線規制となる可能性があります。  従って、五十五存在する集落から197号線への接続経路の確保と197号線が切れた場合の予備経路の確保は、原子力防災にとって必須条件といえます。
集落がつなぐ佐田岬十三里 アイデンティティを引き継ぐ暮らし

集落がつなぐ佐田岬十三里 アイデンティティを引き継ぐ暮らし方 愛媛大学
佐田岬半島南岸(下側)の実線と破線は旧国道197号線(いくな酷道)、中央が現国道、北側(上側)は県道255号線この図にある点線には、「へこみデミオ」でも進入がはばかれる恐ろしい道が含まれている

 三崎地区の出口にある信号機を通過すると山に隠れていますが三崎高校があります。この高校は、山火事や津波などの災害時におけるオールマイティな指定緊急避難場所となっています*が、核災害時に197号線が閉塞している場合は、ふもとの三崎港から脱出することになっています。 <*伊方町の避難所について 伊方町>  ウィンズケイル核災害チェルノブイル核災害といった、原子炉が単独で崩壊する核災害も歴史上複数ありますが、商用大型原子炉による核災害では、福島核災害を見れば分かるように、原子炉が勝手に壊れるのではなく、地震、津波、竜巻、台風、豪雨、航空機突入、テロール、サボタージュ、戦争などとの複合災害としても起こり得ます。  前回ご紹介しました、伊方発電所に関わる避難計画と、伊方町の災害時の指定緊急避難場所には不整合があると考えるほかありません。  要は、想定がたいへんに甘いのです。
国道197号線三崎地区出口交差点

国道197号線三崎地区出口交差点2019年6月10日ドライブレコーダによる
ここから伊方町湊浦までの30km強に信号機はない 標高10m未満

国道197号線ローソン前

国道197号線ローソン前2019年6月10日ドライブレコーダによる
正面中央の山上に三崎高校がある。この地点の標高は10m未満、三崎高校は標高50m。197号線は、ここから中央山脈の山頂付近まで150~200mを登る

2016年豪雨であちこち崩壊だらけだった佐田岬半島

 国道197号線は、1970年代設計・施工の国道です。その後も改修が続けられていますが佐田岬半島は、地形の変位が活発で、さらに地層の風化も激しいです。そのため、前回ご紹介した名取トンネルだけでなく至る所で大小の防災工事が行われています。  このことは、「行くな酷道」と言われていた旧道時代にはすでに分かっていたことで、現在伊方町道となっている旧国道197号線は、常にどこかが壊れていると言っても過言ではありません。  とくに2016年8月の伊方発電所再稼働の時点では、同年6月19~21日の豪雨によって瀬戸内側の県道255号線はあちこちで路肩崩壊による車線規制があり、宇和海側の旧197号線(伊方町道)も、二カ所が大規模道路崩壊によって翌年まで全面通行止めとなり、交通規制区間も多数ありました。ほかにも複数の集落に孤立の可能性がありました。(参照:大雨警報による被害状況等について(第9報) 28.6.23愛媛県災害警戒本部)  愛媛県も伊方町も避難計画は大丈夫であると市民に説明していますが、私は、想定が余りにも甘すぎると考えています。
国道197号線名取トンネル上り線三崎側

国道197号線名取トンネル上り線三崎側2019年6月10日ドライブレコーダによる
三崎側は旧トンネルで、写真中央の断面の段差から奥が新トンネルである。工期短縮のために旧トンネルを活用した。 標高115m

国道197号線名取トンネル八幡浜出口の外

国道197号線名取トンネル八幡浜出口の外2019年6月10日ドライブレコーダによる
左側の擁壁にアンカーが打ち込まれている。このような防災工事は至る所で行われている 標高140m

次のページ 
「へこみデミオ」、”行くな酷道”を往く
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right