週刊誌記事で選んだ銘柄が軒並み爆騰した「Mr.ストップ高」が次に選ぶ銘柄は!?

 新時代は米中の貿易戦争で幕を開け、市場には下振れ圧力が高まっている。だが、悲観することなかれ。そんな過酷な条件下でも、爆上げが期待できる銘柄は常に眠っているからだ。今回、カリスマと呼ばれる相場師たちの厳選銘柄をこっそり聞いた。

イラスト/渡辺貴博

誌上バトルで爆騰株を大的中させた“Mr.ストップ高”

 アメリカのトランプ大統領に相場が翻弄されているというのが一般的な見方だが、「Mr.ストップ高」の異名を持つ株式ジャーナリストにして個人投資家の、天海源一郎氏の分析は異なる。 「米中間の対立だけでなく、イランとの対立激化やベネズエラ内政への介入、北朝鮮の金正恩委員長との首脳会談に至るまで、米国が自国の利益にこだわっているという点で一貫しています」  米国の優位性、覇権を脅かす可能性が高い中国を徹底的に叩き、日本や台湾との結びつきを強めてきたのだ。ただ、強硬姿勢が、日本の株式市場にネガティブに作用しがちなのも確かだ。

トランプ政権により政治相場の色彩が強まり、内需株を中心に攻略

「中国製品や中国企業が米国から締め出されることで、やがて漁夫の利を得る日本企業も出てくるでしょうが、現段階ではまだ不安感が強く、投資対象は内需株を基本とすべきでしょう」  そして、内需株においてもシビアな選別が求められてくるという。10月に実施予定の消費増税が景気の重石となってくるからだ。 「またしても消費増税の実施が延期される可能性を指摘する声を耳にしますが、今のところ政府は延期について否定しています。推測にすぎないことにベットして、銘柄を選別するのは非常に危険。内需株であっても、今は消費関連銘柄は避けたいところです」  では、天海氏は内需株の中でどんな銘柄に照準を定めるのか? 「主力はIT関連です。具体的には、①令和に入ってから続いてきた不安定な局面でも株価がビクともしていない銘柄、②成長期待が揺るぎない銘柄、③AIや5G、働き方改革などといった時流に乗っている銘柄。これらの中から、2倍株が誕生しそうです」
次のページ 
ユーチューバーの人気は一過性のものでない
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right