在ベトナムの邦人起業家、差別発言で大炎上。現地日本人社会も困惑

ハノイでは、まさしく「大炎上」だった……

今回問題となった投稿者が批判したデリバリーサービスのバイク。職業によっては服が汚くなることもあるのは当然で、それを批判的に言う権利は誰にもない

 この起業家にとってはちょっとした発言だったのかもしれない。いわゆる「意識高い系」を自負し、日本人ハノイ在住者も賛同してくれると思ったのだろう。この人物のアカウントをフォローしていた人は当初、これに賛同する日本人がいたという。しかし、炎上が発覚するとコメントは削除され、ついには起業家本人もアカウントを非公開にしてしまった。フェアではないので入手できた当人の携帯電話にかけてみたものの、呼び出し音が鳴るばかりで、電話を取ってくれなかった。  ベトナム語になった記事に反応し、ベトナム人からは下記のような反応がある。 「何ガ小汚いって!仕事中の制服だよー」 「何の仕事をしても 自分の力で お金稼げたら 良い仕事です。どんな服を着ても 自分で 合うと思ったら 良い服です。人間は 様々なんですが 他人差別する事は 最低な人間の事です。」 (いずれも「ベトナム日本交流 On Facebook」を参照)  ネット上ではこの日本人のフェイスブックも出回っており、どの投稿に対しても罵声の嵐で、まさしく「炎上中」である。

日本人全体の評価を落とす行為

 問題はハノイの日本人社会にもかなりの影響があることだ。ハノイ在住日本人たちは今後どうなるのかとひやひやしているという。飲食店で働く人物は次のように筆者のメールに返信している。 「本件はベトナム人コミュニティでもかなりバズってますね。私の友人でベトナム人女性と結婚した人は本件でかなり責められたとのこと。日本人ってヒドイ! って」  理解し合っている夫婦でもこのようなことになっているし、批判の一部はそのカフェがそもそも高級じゃないしおいしくないといった議論まであり、とばっちりも広がる。  さらに別の自営業者はこのように言った。 「ベトナムで悪口を言ったら、ここまで炎上して袋叩きに遭うのかとビビってます」  この人物によれば、本人はなんら反応を示しておらず、SNSなどから顔も知られてしまった以上、ベトナムで事業を継続することは不可能だろうということだった。
次のページ 
助け合いで築いてきたハノイの日本人社会を崩す新移住者
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right