「ヒット曲」ゼロのMCバトルの世界。呂布カルマは“井上陽水”を目指す<ダメリーマン成り上がり道#18>

ヒップホップの世界には“理想の先輩”がいない

呂布:「ジブさんと同じぐらい影響力があって、音楽をちゃんとやっている先輩もいなきゃいけないし、そういう人を参考にしたいんだけど、正直誰もいない。ロックの業界には『こんなふうになりたいな』って思う人がたくさんいますね」 正社員:「誰なんですか?」 呂布:「俺が一番そう思うのは井上陽水なんだけど」 正社員:「それはどんな部分がですか?」 呂布:「最近は曲を出してないですけど、日本中の誰もが知っているビッグネームだし、当然食うにも困ってないだろうし。過去の曲を聞くと、メチャクチャ攻めた曲が沢山あるじゃないですか。『氷の世界』とかは音楽的な水準がものすごく高くて、『こんなに攻めた曲が売れていたんだな』と驚きますね。あとサングラス外して帽子を被ったら顔バレもしないし、あんな個性のあるキャラなのに誰にもバカにされてない感じもいい。とにかくパワフルですよね」 ――電気グルーヴなんかも似たような立ち位置にいるかもしれないですね。 呂布:「理想的ですよね。ずっとフザけ続けてるし。あと女性だったらユーミンですね。僕もちゃんと音楽で上がっていって、舐められないポジションに行きたいと思っています。だから結局のところ、大切なのはいい曲を作ることなんですよ」 ――圧倒的な個性があって、かつマスにも売れるというのはなかなか難しいですよね。 呂布:「それが本当は理想なんですけど、それができている人はヒップホップには正直いない」

好き嫌いとは別に誰でも知っている存在が必要

正社員:「そういう話を聞いていると、ヒップホップ以外には沢山いる気がするな」 呂布:「いるいる。奥田民生とかだってそうでしょ」 正社員:「椎名林檎とかもそうですよね」 呂布:「そうそう。でもヒップホップにはいない。それはなぜかというと、トップの人達がパクり志向だから。『サンプリングだ』って言ってますけど、あれは開き直っているだけなので。自分の個性で勝負している人もいますけど、それで勝てている人がいないです。俺は勝つということも大事だと思うので」 正社員:「田我流さんとかは、それに近い存在になれるかもしれないな。あとRIP SLYMEはそういう存在でしたよね。呂布さんはあまり好きじゃないかもしれないですけど」 呂布:「いやいや、RIP SLYME好きだったよ。でもヒップホップの世界ではそれ以降は誰も出ていないです」 ――音楽がジャンルごとに細分化しちゃったことも大きいかもしれないですね。 正社員:「それもあるっすね」 呂布:「でも今だったら、米津玄師とかは好きでも嫌いでもみんな知ってるじゃないですか。CMで流れていたりするし。そういう存在を目指すということですよね。R-指定のCreepy Nutsがそこを目指してもいいし、今だったらGADOROとかも可能性があるだろうし。誰かが『このヒップホップの曲がメチャクチャ流行ってる』みたいなものを作らなければいけないし、自分はそれをすべきポジションにいると思っています」 <構成/古澤誠一郎> 【MC正社員】 戦極MCBATTLE主催。自らもラッパーとしてバトルに参戦していたが、運営を中心に活動するようになり、現在のフリースタイルブームの土台を築く 【呂布カルマ】 ヒップホップMC。愛知県名古屋市を拠点に活動。JET CITY PEOPLE代表。最新シングルは4月リリースの『SAMSAVANNA』。リリースや出演の情報はTwitterアカウント@Yakamashiwaで配信中
戦極MCBATTLE主催。自らもラッパーとしてバトルに参戦していたが、運営を中心に活動するようになり、現在のフリースタイルブームの土台を築く
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right