「買春願望」発言の丸山議員と、「買春可能バー」に案内された桜田前オリパラ大臣――与野党で違った外務省の対応

直撃取材を受けた丸山氏の隣に偶然写り込んだ桜田氏

丸山議員

丸山穂高衆院議員

「何と意味深で決定的な瞬間を捉えた写真だろうか!」と驚いたのは、「週刊文春5月30日号(5月23日発売)」のグラビアページ「Catch Up 『戦争』と『平和』」で、直撃取材を受ける丸山穂高衆院議員と偶然隣り合わせた桜田義孝・前オリパラ大臣五輪担当が並ぶ写真を見た時のことだ。  そして過去の桜田氏の関連記事を読み返すと、「買春願望発言」の丸山氏と「買春可能バー行き」の桜田氏のどちらが悪質なのか、与野党で外務省の対応が違うのはなぜなのか、という疑問が浮かんできた。 『週刊文春』の記事では、「同行団員が怒りの告発 丸山穂高衆院議員35 国後島で絶叫暴言『女を買いたい』」と銘打った4ページ記事で、5月11日に国後島を訪れていた丸山氏が戦争発言以外にも「オレは女の胸を揉みたいんだ~!」「俺は女を買いたいんだ!」などの暴言を吐いたと紹介。「(丸山氏に)国会議員の資格があるのか。答えは明らかだろう」と結んだ。

外務省職員が、サハリン訪問の自民党国会議員団を売春可能なバーに案内

 一方、グラビア写真で丸山氏の右隣に居合わせた桜田氏は、買春可能なバーに案内されたことが2002年4月5日付『北海道新聞』(『東京新聞』と『中日新聞』も同時配信)の記事「外務省職員が買春手配 自民党国会議員6人にサハリンで」で、こう報じられている。 「鈴木宗男衆院議員を団長とする自民党国会議員団七人が二〇〇〇年八月にロシアのサハリン州を訪問した際、外務省職員が、鈴木氏を除く六人をホステスが売春に応じることで知られるバーに引率し、その中の一部議員に女性を個別に紹介していたことが分かった」 「関係者の話を総合すると、六人は同年八月二十一日夜、同州ユジノサハリンスクで、ハバロフスク総領事館出張官事務所(現ユジノサハリンスク総領事館)が用意した車に乗り、宿泊先とは別のホテルの六階のバーを訪れた。同行した複数の同省職員がホステスらとの通訳などをした後、一部の議員は個別に女性を伴って客室のある下の階へ行き、一時間前後でバーに戻ったという。目撃者の一部は『外務省職員が女性に現金と部屋の鍵を渡していた』と証言している。このバーはホステスが売春に応じる店として知られ、同省の現地職員も認識していた」
次のページ 
桜田氏は名誉毀損で勝訴したが……
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right