留学生大量失踪の東京福祉大学、突然の必修科目変更で戸惑う日本人学生 進路変更を余儀なくされた人も

HBO取材班
Tokyo_University_of_Social_Welfare

photo by Waka77 via Wikimedia Commons(Public Domain)

 大量の留学生が失踪し、話題になった東京福祉大学。(参照:”留学生大量失踪の東京福祉大、元教授が緊急会見。元総長が「120億のカネが入るわけだよ」と会議で発言。金儲けのために留学生受け入れか”-HBOL)同大が2018年度に突如、公務員試験の対策を行う授業を卒業のための必修科目に加えていたことがわかった。多くの学生が急なカリキュラム変更で就職活動に割く時間を奪われ、中には進路変更を余儀なくされた学生もいるという。  井上裕史弁護士は学生たちからの訴えを受け、今年4月22日付けで大学に変更の取り消しを求める通知書を送った。

「突然の変更で、学生たちは悲鳴を上げています」

 井上弁護士が、同大の藤田伍一学長に送った「御通知書」によると、4年生が入学した2016年度、卒業に必要な単位数は教育学部124単位、社会福祉学部128単位、心理学部124単位だった。「キャリア開発演習」を含む「キャリア開発教育科目」は、いずれの学部でも選択必修にすぎなかった。  しかし2018年4月に大学は突如カリキュラムを変更。3学部において、「キャリア開発演習Ⅰ」、「キャリア開発演習Ⅱ」が必修となった。しかも通常の授業は15コマで2単位と定められていたにもかかわらず、2018年度の「キャリア開発演習Ⅰ」は30コマで2単位、「キャリア開発演習Ⅱ」は77コマ(週7コマを11週)で4単位にしかならなかったという。  同大に通う4年生の学生は、「突然の変更で、学生たちは悲鳴を上げています」と話す。 「突然、必修科目を増やされてとても困っています。仕方なく履修しましたが、週に7コマもの授業に出なければならず、とても大変です。しかも教科書を3冊も買わされ、それを学生たちが代わる代わる音読するだけの授業です。私は公務員試験を受けないので、この授業に出る意味はありませんし、もし試験を受けるのだとしても、この授業は何の役にも立たないのではないでしょうか」  また学費や生活費、就職活動のための費用をアルバイトで賄っている学生たちも、バイトの時間が削られて困っているという。

カリキュラムの変更で保育士の資格取得を諦めた学生も

 さらにはカリキュラム変更で進路を変更せざるを得なくなった学生もいる。前出の学生はこう続ける。 「私の友人は、保育士の資格を取るための授業と『キャリア開発演習』の授業が被ってしまい、担任に『キャリア開発演習』を優先するよう言われてしまいました。その友人は保育士の資格を取るために勉強を続けてきて、実習に必要な費用も支払っていたのに、資格の取得を諦めざるを得なくなりました」  4年生の別の学生も「就職活動に使える時間が減って困っている」と訴えている。「授業には3分の2以上、出席しなければなりません。就職活動と履修の両立が非常に難しいです」。
次のページ 
目的は就職率を上げることか?
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right