支配的で理不尽なモラ夫の振る舞いに、「私が悪い」と自責する妻たち<モラ夫バスターな日々10>

「私が悪いから怒られるんだ」――。モラ夫を持つ妻たちが陥りがちな「正常性バイアス」の罠

弁護士・大貫憲介の「モラ夫バスターな日々」<10>

 日本男性には、つくづくモラ夫が多い。しかし、モラ被害に遭っていても、逃げない妻は多い。  ある妻(30代後半)は、夫から、いつも怒鳴られることに悩み、相談に来た。「夫婦喧嘩」を隠し録音しているとのことで、相談前日のものを聞かせて貰った。法律相談に来るため、友達と約束したと嘘をついて、就学前の子の面倒をお願いしたところ、夫が突然切れて、怒鳴り始めた。 「なんで、あんたは、いつも、そうなの?」 「突然、それ言うの?」 「で、俺に子守りしろって、言うの?」 「そんな勝手なこと!」 と男性が金切り声で一方的に怒鳴りまくっていた。  私は、彼はモラ夫だね、と言った。  相談者は、「いえ、私も悪い。突然、子守を頼んだので」と言う。切れまくってるし相当なモラ夫ですよ、と言うと、「いえ、私も言い返してますし」と言う。しかし、録音では殆ど言い返していない。  相談者は、精神が疲弊し、壊れ始めているように見えた。私は、逃げたほうがいいとアドバイスした。  役所の女性センターでも、そう言われたが、逃げられないという。そして、「私にも悪いところがあるし、子どもも小さいので、もう少し頑張ってみます」と言い残して、帰っていった。

被害妻たちに働く「正常化バイアス」

 人は、危険や害悪を知らせる情報を過小評価したり、無視したりする。正常化バイアスと呼ばれる。  先ほどの相談者は、精神的に壊れ始めていた。怒鳴りまくられて、憔悴しきっており、毎日が辛いと嘆いていた。それでも、まだ頑張るという。  離婚の法律相談に来ても、結局、決断が付かず、逃げない妻たちは決して少なくない。どこにも相談に行かない方たちも含めると、逃げない妻たちは、相当な数に上るだろう。  逃げない理由は、いろいろとある。 ①モラ被害に気付いていない、或いは過小評価している。 ②夫が怖くて行動できない。 ③経済的自立が困難。 ④どんな父でも子に必要と考えている。 ⑤自らの結婚を「失敗」にしたくない。良くなる期待を捨てられない。 ⑥周囲の理解が得られない。「愛は困難を超える」と信じている。 ⑦囲い込まれていて動けない。 ⑧既に心身症/ウツで考えがまとまらない
次のページ 
モラ夫は支配者でいたいがため、妻に落ち度がなくてもキレる
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right