映画『主戦場』で再び注目の慰安婦問題。12年前の安倍総理答弁を信号無視話法分析

 映画『主戦場』公式サイト

映画『主戦場』公式サイト

話題の映画『主戦場』に登場した12年前の安倍首相答弁

 慰安婦問題に正面から向き合い、各地の映画館で連日立ち見が出るほど注目を集めている映画『主戦場』。  この映画は主張が真っ向から対立する関係者へのインタビューを中心に構成されているが、ある国会質疑の映像も紹介されている。  今から遡ること12年前の第一次安倍内閣時代。2007年3月5日の参議院予算委員会で当時民主党(現・立憲民主党)の小川敏夫議員が慰安婦問題について安倍総理に質問。この質疑には慰安婦問題に関する重要な論点(河野談話、慰安婦は強制連行されたのか、米国議会での慰安婦の証言、吉田清治氏の証言、等)が詰め込まれており、これらの論点に対する安倍総理の認識を垣間見ることができる。  そこで、本記事では当日の小川議員の慰安婦問題に関する質問全11問に対する安倍総理答弁を信号機のように3色(青はOK黄は注意赤はダメ )で直感的に視覚化していく。なお、色分けについては配信先によっては反映されないため、その場合、HBOL本体のサイトでご覧になることをオススメする。 shingo0501 ただし、以下2つの注意点をご理解頂きたい。 (1)この分析では小川議員の質問に安倍総理が答えたどうかに着目する。つまり、慰安婦問題の真偽には言及しない。真偽については、ぜひ公開中の映画「主戦場」をご覧の上、自ら考えて頂きたい。 (2)これまでの信号無視話法分析のルールと異なり、灰色(不要な言葉、意味不明な言葉、似た言葉の繰り返し)を使わない。「まさに」「いわば」などの不要な言葉や似た言葉の繰り返しが多い安倍総理の答弁を読みやすくする上で灰色は有効だったが、ある理由によって今回は使わない。理由は本記事の最後で説明する。  また、この質疑で安倍総理は「強制」という言葉を狭義と広義の2つの意味で用いている。 狭義の強制:官憲による強制連行(慰安婦狩り) 広義の強制:経済状況による事実上の強制、業者による事実上の強制  この2つの違いに留意しながら、質疑の内容を読み進めて頂きたい。

色別集計結果。意外なことに「青」多し!?

shingo05012 この質疑における安倍総理の回答を集計した結果、このようになった。 <色別集計・結果> ●安倍総理赤信号45% 、黄信号9%青信号46%  安倍総理にしては珍しく、青信号が半分近くを占めている。(これまで取り上げてきた安倍総理の答弁では青信号は1割前後でほとんど質問に答えていないケースが多かった)  どのような質疑だったのか詳しく見ていきたい。
次のページ 
12年前の安倍答弁はどんな感じだったのか? 文字起こしで検証
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right