大使館も本人と認めるスリランカ人を「他人」だとして収容する日本。このままでは生涯収容の可能性も!?

このままでは生涯、入管施設で暮らすことになる可能性も

ダヌカさん名義のパスポート

ダヌカさん名義のパスポート。スリランカ大使館は、これが間違いなく本人のものだと認定している

 本人のパスポートで正式入国したのに、「他人である」との認定でもう1年9か月も法務省の入国管理施設に収容されているスリランカ人がいる。ダヌカ・ニマンタさん、37歳。スリランカ大使館も「間違いなく本人だ」と証明しているのに、日本政府はダヌカさんを「P氏」なる人物だとして譲らない。  問題は、仮に日本政府がダヌカさんを強制送還しようと思っても、スリランカ大使館は本人ではないP氏名義のパスポートを発行するはずがなく、ダヌカさんは強制送還すらされないことだ。  現在、ダヌカさんは、茨城県牛久市にある法務省の「東日本入国管理センター」(以下、牛久入管)に収容されているが、このままでは生涯を「牛久入管」で過ごす可能性がある。  ダヌカさんは、自身がダヌカであることを証明するため、3月1日に法務省を相手取り東京地裁に提訴。5月31日に第一回目の口頭弁論が開かれる。

ブローカーの説明を信じて「P氏」のパスポートで初来日

 1998年。ダヌカさんは16歳のとき、P氏なる偽名のパスポートで来日した。その理由は、「未成年の16歳では日本の短期ビザを取得できない」とのブローカーの説明を信じ、成人のP氏としての入国を決めたからだ。  そのままオーバーステイして、10年間を土木工事や溶接の現場で働いた。つまり、不法入国と不法就労をしたわけだが、2008年、これが発覚して強制送還される。  ところがこのとき、日本の入管は詳細な身元調査を行わず、ダヌカさんが所有していたP氏名義のパスポートから、そのままダヌカさんをP氏と認識。ダヌカさんも「とにかく面倒なことにならないように、できるだけ早く帰国したかった」から自身がダヌカだと説明をしなかった。こうして、ダヌカさんはP氏として強制送還された。
次のページ 
ビジネスを持ちかけてきた日本人に監禁、入管に売られた
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right