短期勝負と長期戦略。為替や株で今買ってる人が見てるものとは?

イラスト/サダ

日本最強の金融商品!? レバ330倍の取引で短期間に爆益をも

「少額の資金を大きく増やしたいならノックアウトオプションは日本最強の金融商品です。僕自身、昨年9月に始めた口座がすでに元手の5倍。夢がありますよね」  そう話すのは兼業投資家のノックアウトオプション参謀氏だ。聞き慣れない商品だが、売り買いするのは為替になる。

ノックアウトオプションの仕組み 図版/ブリッツアーティストエージェンシー

「通常のFXと違うのは取引開始時に『ノックアウトレベル』を決めること。このレベルに価格が達すると強制的に損切りされます。ノックアウトレベルがエントリー価格に近いほど高いレバレッジの取引ができる仕組みになっています。僕の場合、米ドル/円だと30銭ほど離すのがルール。この場合、レバ330倍の取引になり、10万通貨(約1100万円)の取引に必要な資金は3万円ちょっとで済むんです」  参謀氏が狙う利幅は60銭。利益は6万円となるから資金効率は抜群だ。問題は勝つための方法論か。

直近高値・安値のブレイクを狙う!

直近高値・安値のブレイクを狙う! 図版/ブリッツアーティストエージェンシー

「基本はトレンドに追随すること。節目となる直近高値より上昇したら買い、直近安値を抜けたら売りです。今年の為替市場はレンジ相場が続いていますが、60銭程度なら動きます。損切りは自動的にされるので、エントリーしたら指値を入れるだけでOK。ノックアウトオプションは追証が発生することもないため、仕事があって監視時間が短い人でも安心して取引できます」  ノックアウトオプションは日経平均やダウ平均、金や原油なども同じ仕組みで取引できる。 「最近よく取引するのはダウ平均。夜10時半に市場が開くため仕事があっても取引しやすいし、価格の変動も大きい。5分足の短い足のレンジを抜けたとき、抜けた方向へ追随して20ドルから30ドルくらいの小さな利幅で勝ち逃げするようにしています」  利幅は小さくともハイレバを味方につければ、資産10倍も数か月で達成できるはずだ。 【ノックアウトオプション参謀氏】 自営業のかたわらFXや先物、オプションをトレード。トランプラリーの年には1800万円の利益を叩き出した。ツイッターは@onlyone151
次のページ 
儲かる銀行&証券株を狙い撃て
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right