“人類最大の祭典”リオのカーニバルの根底にある「持たざる者たちの、支配への抵抗」

KTa☆brasil
パレード専用スタジアム

パレード専用スタジアム。トップリーグで優勝したマンゲイラのパレード(1928年創立)

社会現象となったリオのカーニバル優勝曲

“人類最大の祭典”と呼ばれる、リオのカーニバル(カルナヴァル)が3月上旬に開催された。2019年は期間中ピークの4日間だけで約160万人の観光客を動員(史上最多記録)、1000億円越えの経済効果を記録した。日本の約23倍の面積を持つブラジル国内各地からだけでなく、世界各地からの観光客/参加者が集った。  3月6日に、リオのカーニバルのメインイベント「エスコーラ」(リオ各地に根ざした伝統的サンバチーム)によるパレード・チャンピョンシップリーグでマンゲイラ(Mangueira)の優勝が決まり、3月9日に優勝パレードが終わってから、すでに1か月近くが経とうとしている。しかし、いまだにブラジル内外で優勝チームのパレードとテーマ曲サンバが話題を呼び続けている。  リオで取材する、英国の『ザ・ガーディアン』や米国の『ニューヨーク・タイムズ』をはじめ世界中のメディアがこのムーヴメントの特集ページを掲載。またSNSでは優勝曲を歌う動画が次々にアップされて話題になっている。いったい、何が起きているのだろうか?

元軍警察に暗殺されたフェミニスト・人権運動家

マリエーレ

マンゲイラのパレードで讃えられた人物の中でも、最もその象徴となったのはマリエーレ・フランコ氏だ。歌詞に登場するだけでなく、肖像を配した旗がそのパレードの最後に登場すると、会場は一層大きな反応で包まれた

 そこにはブラジルの歴史的な社会問題と、ブラジル大統領のジャイール・ボルソナーロ氏に対する国民の根深い不信と不安、そして2018年3月14日に発生したマリエーレ・フランコ(Marielle Franco)氏の暗殺事件が大きくからんでいる。  フランコ氏はリオ市の女性市議会議員で、社会の底辺に追いやられている人々を守るべく、フェミニスト、人権運動家として活動していた。白人男性が占めるブラジルの政界の中で、「女性」「黒人や先住民の血を引く混血者(黒人の血が入っていると黒人として扱われる)」「ファヴェーラ(歴史的事情で生まれた貧民街)出身者」「LGBTQ」といったマイノリティの1人としてリオ市議選で当選したのだ。  ファヴェーラの一つで生まれ育った彼女は、巨大麻薬組織ギャングの流れ弾で友人を失ったことをきっかけに、麻薬組織からファヴェーラの人々を守るために社会活動を始めた。その後シングルマザーとして働きながら大学を卒業し、公共政策の修士号を取得。ブラジル社会が抱える偏見や暴力などと戦っていた。  しかし、軍警によるファヴェーラ住民への不当な暴力、殺傷について告発した直後、志半ば38歳で銃殺された。そして「彼女を暗殺したのは、実は退役軍警察と罷免軍警察の2人だった」ということが発表されたのは今年の3月12日。彼女の1回忌目前、マンゲイラのパレードが行われた直後のことだった。
次のページ 
ブラジルが抱える問題点・矛盾点を訴えるサンバ
1
2
3
関連記事