韓国、高学歴貧困の現状。「幼い頃の夢を叶える人なんていない」

ソウルのノリャンジンには就職予備校がひしめき、就活浪人が溢れる。中には10年選手も

 日本の労働市場が人手不足に悩まされる一方、韓国では若者の失業率の上昇が問題となっている。’17年には青年失業率(15~29歳)が過去最悪の12.3%を記録し、その後も劇的な改善は見せていない。’97年のアジア通貨危機以降、韓国では少なくとも’00年からこの状態が続いており、解決に至っていない。

(左図)大企業と中小企業の勤続年数別年収格差(出典:韓国統計庁)/(右図)大企業と中小企業の数の比較(出展:中小企業中央会)

 ’05年の82.1%から下降線を辿っているものの、大学進学率は70%台で推移しており、国民の約8割が大卒にあたる。しかし、大卒者であっても財閥系大企業に入れなければ30歳で年収200万円台が妥当な金額。そのため、高学歴貧困者の数が世界トップレベルにあると言えるのだ。そんな韓国の実態に迫った(通貨レートは’19年3月現在)。

地域別青年失業率が11.1%の都市の若者

 前回はソウルの若者について取り上げたが、地方在住の若者はどうか。’18年4月時点で地域別青年失業率が11.1%とダントツに低い蔚山に赴いた。蔚山は財閥・現代グループのお膝元であり、捕鯨も盛んなことで有名な都市。蔚山青年政策フォーラム常任代表のキム・ウソン氏は「蔚山は現代自動車の工場がありますが、労組が強く雇用の流動性が低い。そんな『既得権益層』と呼ばれる親世代がある程度経済力を持っているので、無職でも生活に困らない背景があると思います」と話す。ただ、昔は親子二代で現代グループ傘下の職を得られたが今はそうではなく、若者は自力で働き口を探すか、親元で暮らすことになるという。  蔚山出身のキム・ユネさん(仮名・32歳)は韓国では上の中レベルの大学の経営学科を卒業後、民間企業でマーケティングの職を得た。年俸は2400万ウォン(約236万円)だった。 「私は最初から地元での就職を希望しました。お金よりも、自分に合う仕事がしたかったので」

実務に関係のない資格ばかり取るためのムダな時間

 だが、ほどなくして迷いが生じた。超過労働を課すブラック企業だったこともあるが、就職のために経営学を選び、職に収まったことに対し疑問が生じたという。 「昔は貧しさから逃れる手段が学問でしたが、今は手段が目的と化し、学問の価値が下がっていると思います。それに韓国ではいかなる会社も学歴とは別に、実務と無関係の資格を過度に要求します。そのせいで明らかに過剰で無駄な勉強をさせられています」

韓国の就活の仕組み

 彼女自身もTOEIC700、IDCL、MOS、韓国史検定と4つのスキルや資格を取得しているが、就職して役立ったと思えるものはない。現在は会社を辞め、国史編纂委員会への就職を目指して大学院で国史学を学んでいる。 「今度こそ実のある勉強をし、それを生かせる仕事に就きたいです」
次のページ 
高学歴ゆえのプライド、親世代からの圧力
1
2
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right