Googleマップが劣化!? 代わりになるネット上の地図サービスあれこれ

カーナビ企業の地図サービスも

【MapFan】  カーナビで有名なインクリメントPが提供しているWeb上の地図サービス。インクリメントPは、パイオニアの完全子会社で、1994年に設立された。  同社の主力はカーナビソフトであるが、『PlayStation』や『セガサターン』向けのゲームソフトを開発していた時期もある。 ●MapFan 【Mapion】  ONE COMPATH(ワン・コンパス)が提供する地図サービス。ONE COMPATHは、マピオンと、電子チラシサービスのShufoo!事業を統合して、2019年4月1日に生まれた会社だ。株主は凸版印刷である。  1997年の設立当初は、株式会社サイバーマップ・ジャパンという名前だった。その後、2009年に株式会社マピオンへ社名変更をして、凸版印刷の子会社になった。 ●地図 Mapion(マピオン)

ゼンリンのデータはYahoo地図も利用

【いつもNAVI】  ゼンリンの子会社ゼンリンデータコムが運営しているWeb上の地図サービス。 ●ゼンリン地図・ルート検索 | いつもNAVIゼンリン地図・ルート検索 | いつもNAVI 地図ビューア  他にもゼンリンの地図を利用している地図サービスは多い。Yahoo!が提供している『Yahoo!地図』や、マイクロソフトが提供している『Bing マップ』もそうしたものの1つだ。 ●Yahoo!地図Bing マップ Mapbox  Mapboxは、Web上で使える地図ではない。主にBtoBで、Webサイトやモバイルアプリケーション向けに、オンラインカスタムマップを提供している会社である。  2010年設立で、現在急成長している。Googleマップよりも柔軟に地図をカスタマイズでき、そのシェアを奪っているのだ(参照:mapbox ― Wikipediaグーグルに宣戦布告の地図サービス「Mapbox」を創った男)。  Mapboxはゼンリンからデータ提供を受けると、3月20日にブログで発表した。ゼンリンの視点で言うと、GoogleからMapboxに乗り換えたとも言える。IT系地図サービスは、Googleマップから徐々に新しい世代へと移りつつあるのかもしれない。この会社の名前は、今後多くの場所で聞くことになりそうだ。 <文/柳井政和> やない まさかず。クロノス・クラウン合同会社の代表社員。ゲームやアプリの開発、プログラミング系技術書や記事、マンガの執筆をおこなう。2001年オンラインソフト大賞に入賞した『めもりーくりーなー』は、累計500万ダウンロード以上。2016年、第23回松本清張賞応募作『バックドア』が最終候補となり、改題した『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』にて文藝春秋から小説家デビュー。近著は新潮社『レトロゲームファクトリー』。
やない まさかず。クロノス・クラウン合同会社の代表社員。ゲームやアプリの開発、プログラミング系技術書や記事、マンガの執筆をおこなう。2001年オンラインソフト大賞に入賞した『めもりーくりーなー』は、累計500万ダウンロード以上。2016年、第23回松本清張賞応募作『バックドア』が最終候補となり、改題した『裏切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬』にて文藝春秋から小説家デビュー。近著は新潮社『レトロゲームファクトリー』。2019年12月に Nintendo Switch で、個人で開発した『Little Bit War(リトルビットウォー)』を出した。2021年2月には、SBクリエイティブから『JavaScript[完全]入門』、4月にはエムディエヌコーポレーションから『プロフェッショナルWebプログラミング JavaScript』が出版された。
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right