中国、裏の次世代ロボット政策とは? 元政府機関研究員の社会学者が衝撃的提言

 習近平政権が掲げる次世代産業政策「中国製造2025」は米中摩擦の火種ともなったが、その裏で別の“性策”が今、秘かに進められていた。衝撃の内容とは!

テクノロジー強国の中国性造2050!

EXDOLL社のAIドール製造の現場。購入者はスタイル・頭の形・肌や髪の色・眼の色・アンダーヘアの色など7項目からそれぞれ選択肢を選び、自分だけのオリジナルAIラブドールをオーダーすることも可能。価格は最低で約23万円になるという 写真/AFP=時事

 2月、中国社会科学院の元研究員で、著名な社会学者でもある李銀河氏から衝撃的な発言があった。現在、性人口比率が極端に男性に偏っている中国では、’50年に約3000万人の男性が“余る”という予測に対し、「セクサロイド(疑似性行為用ロボット)を活用すべし」と述べたのだ。さらに、セクサロイドは会話や家事が可能になるほど技術的に発展を遂げ、値段も30万円前後と庶民の手の届く範囲になり、爆発的に普及していくと李氏は予想した。  とんでもない予想のように思えるが、中国ではその言葉が真実味を帯びるように、すでにAI(人工知能)を搭載したラブドールが発売され、アダルトグッズ市場は急拡大している。中国調査会社・iiMedia Researchによれば、ECを通じた取引が急増して、市場規模は’20年に約2.8兆円に達するとのこと。また、近年ではアダルトグッズの製造販売企業が次々と新三板(ベンチャー主体の店頭市場)に上場している。テクノロジーメディア『ロボティア』編集長の河鐘基氏は言う。 「中国政府は、『中国製造2025』というロードマップを掲げ、5Gなど次世代情報技術、ロボット技術、新素材技術などを重点的に育成しようとしています。BATIS(バイドゥ、アリババ、テンセント、アイフライテック、センスタイム)と呼ばれる中国IT&AI企業は米GAFAと技術レベルでも負けていない。高度な技術を持ったテクノロジー企業が続々と登場するなか、興味深いのは、アダルトグッズ産業においても最新技術を取り入れた企業群が現れ始めていることです」

「AIスピーカー」の役割も果たす

EXDOLLサイトより

 最先端の技術を駆使するアダルトグッズ企業としては、金三娃娃やEXDOLL(後述)がその代表例となる。両社はAIドールを開発する新興メーカーだ。例えば金三娃娃の最新のAIドールは中国検索大手・バイドゥのクラウドサービス「百度雲」と連携。膨大な量のデータを蓄積・学習でき、ユーザーの感情を読み取る深いコミュニケーションが可能となるのだ。また会話だけでなく、最新のニュースや天気情報などを音声で案内してくれる「AIスピーカー」の役割も果たしている。  一方、関節へのこだわりも徹底している。性行為に合わせて、頭部や手足、股関節や腰の関節の可動域がほぼ再現されているのだ。性器や口はモーターで制御され、本物と遜色がない。通常の性交やフェラチオはもちろん、アナルセックスまであらゆるプレイが可能になるこのAIドールは約19万円。同社は下位モデルも含め、毎月1500~2000体のAIドールを生産しており、うち80%を海外に輸出しているという。
次のページ 
AIドールの普及が進む中国特有の事情
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right