Androidの「戻る」ボタンが削除される?されない? 隠されるUI、拡大するデジタル・デバイド

柳井政和

Android 10 Qでは「戻るボタン」が削除される?

 2月のことだが、次の世代のAndroidで「戻るボタン」が削除される可能性があるという話がネットで話題になった。ボタン操作ではなくジェスチャー操作のみになるかもしれないという。  IT技術者が多い「スラド」や「はてなブックマーク」でも、その話で盛り上がっていた。  そして3月13日に「Android Q Beta」のアナウンスがあった(Android Developers Blog: Introducing Android Q Beta)。すぐにYoutubeに多数の動画がアップロードされ、そのUIを確認できるようになった(Android Q Beta First Look!)。  蓋を開けてみると、「Android Q Beta」では、戻るボタンは残されていた。ホーム画面には表示されないが、戻ることが可能な画面では、きちんと表示されている。ただ、最終的にどうなるのかは分からない。将来的に削除されることもあるだろう。先に話題になった時には、そう思わせるだけの説得力があった。スマートフォンのUIは、簡略化される傾向にあるからだ。  デバイスから、ボタンなどのUI(ユーザーインターフェース)部品が減ると、シンプルな外観になってスタイリッシュになる。スマートフォンもその傾向があり、物理ボタンを排除して画面上のボタンも減らす方向に向かっている。  日本で最初に発売されたAndroid端末「NTTドコモ HT-03A」を見ると、今では見られない多数の物理ボタンがあったことが分かると思う。
NTTドコモ HT-03A

NTTドコモ HT-03A photo via Wikimedia Commons(Public Domain)

インターフェイスの減少で困惑する層もいる

 少し私的な話をしたい。しばらく前のことだが、父から電話が掛かってきた。知人に借りたiPadの音が大きく、止め方が分からないので、座布団を上からかぶせている。どうすれば音を小さくできるのかという質問だ。  笑い話のようだが、父の困惑も分かる。デバイスの横に付いている、わずかな突起物が音量操作のボタンだということは、知っていないければ分からない。普段、デジタルガジェットを使わない人間なら、推測することは難しいだろう。  そもそもボタンに「音量 大 小」と書いていない時点で、どこにその機能があるのか探しようがない。今後、生活の基本になるであろうスマートフォンやタブレットは、初見でまったく使い方が分からないように進化しつつある。たとえ、初回に操作方法が表示されたとしても覚えられる人は少ない。ネットで探すという習慣がなければ、分からないまま途方に暮れることになる。
次のページ 
スマホだけじゃないUI省略化
1
2
3
関連記事