マイクロソフトが「IEやめません?」。一般利用者とIT技術者の、IEへの大きな温度差

IEの独自拡張とバグ。IT技術者の怨嗟

 IEは、Windowsへの同梱という戦略を採ることで、短期間のうちにシェア9割を超える覇権ブラウザへとのし上がった。しかし、新興のWebブラウザが台頭する中、評判を落としていった。それは、バグが多かったことと、独自仕様が多かったことに原因がある。  まずは、バグの面から見ていこう。IEには表示上のバグが多かった。それらを避けるために、無数のテクニックが考案されて共有された。そしてWebサイトを作る際には、標準的なコードを書くと共に、IEのバグにも対応する必要があった。  ブラウザ毎の挙動の違い、それもIEのバグへの対応は、無駄な作業を大量に産んだ。本来やるべきではない作業のために時間を使うのは不毛である。そうしたことの積み重ねが、開発者から嫌われる原因の1つになった。  独自仕様の面にも目を向けよう。一例として『Internet Explorer 3』の時に登場した、ActiveX コントロールについて書く。この技術は、Webブラウザでページを表示するだけで、ローカルのアプリケーションのように動作するために利便性が高かった。そして、この機能を利用したWebページが多く作られた。  IEのシェアが9割を超えていた頃には、こうした独自仕様も問題はなかった。しかし、シェアが大きく落ちてきて、セキュリティ意識が高い時代になると、問題が発生してきた。そして、Webページをアプリケーションのように扱える『HTML5』が登場して以降は、古い技術になってしまった。  予算があるところでは、こうした新しい機能を利用したWebサイトに改修がおこなわれた。それは、HTML5を利用すれば、多くのWebブラウザで利用できる、より安全性を考慮したWebサイトが作れるからだ。しかし、改修予算のない公的機関のWebサイトや企業サイトなどでは、アップデートがおこなわれなかった。その結果、古いIEでの閲覧を求めるという状態になった。  そうしたサイトを「仕事で使わなければならない」という理由で、既にサポートが打ち切られているIEやWindowsを使い続けている企業もある。サポートが切れた古いWebブラウザやOSは、セキュリティ的なバグが多くある。そうした環境で運用を続けるのは、危険だと言わざるを得ない
次のページ 
Chromeは覇権を取れるか?
1
2
3
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right