小金持ちが、愛人を抱えようとしてメンタル崩壊する理由<現役愛人が説く経済学70>

東條才子

安心安全な愛人生活を支えるのに必要な資産額とは?

 ですから、年収1000万円クラス、総資産額が数千万円クラスの富裕層ですと、安心・安全な愛人生活を支えるのは難しいのですね。  年収でいえば3000万円以上、金融資産でいえば1億円以上をお持ちでなければ、愛人のような“日陰”の遊びにじゃぶじゃぶとお金を注ぐことはできません。  以前、ある会計士Aさんの愛人をしておりました。彼はちょうど、年収が1200万円でしたが、奥様や2人の子供にお金がかかるため、交際中はいつも懐事情を気にしなければなりませんでした。  高額なホテルに泊まったり、宝飾品を買ったりした月は、現金を出すのが苦しそうでしたね。  そのうちAさんは、私との交際費を捻出しようと、ご家族で利用するためのリゾート会員権を売ってしまいまして、そういうところも不快でした。  家庭の維持にかかる費用を崩してまで愛人を作る男性は、後々メンタルがおかしくなっていくことが多いからです。金銭的に無理をしているので、「元を取りたい」との思いが強くなり、愛人への要求がエスカレートしていくのです。  案の定、Aさんは「妻にかけるお金がムダだから、もう離婚して君と真剣交際したい」と言い始め、愛人男性のメリットである既婚属性を手放そうとしました。  既婚者との交際=不倫だからこそ、愛人側はリスク代として多額の現金をいただくことができるのであり、ただの彼女に成り下がるのはダンピングと一緒です。  安く買い叩かれるのはごめんですから、説得して離婚は思いとどまっていただきました(いざ離婚されてしまえば、年収1000万円の半額ほどを私にかけていただけたと思うので、どちらの選択が良かったのかは分かりませんが)。  いずれにせよ、愛人などという反社会的な遊戯にお金をかけられるのは、相当のお金持ちだということです。どうせ愛人ビジネスをやるなら、すぐに底が尽きる小金持ちではなく、本物の富裕層を相手にするのが効率的であるのは言うまでもありません。 <文・東條才子>
1
2
関連記事