名探偵コナンに会える街で国境を超えた「三兆円事件」が発生! 壮絶なジョーク合戦の結末は…?

都市商業研究所
 鳥取県のある町が3兆円を請求され、そして大量のハンバーガーが振る舞われるという“謎の事件”が発生した。と書くと訳が分からないかもしれないが、それはそっくりそのまま事実なのだ。
JR由良駅

「事件現場」となったJR由良駅前広場

「名探偵コナンに会えるまち」にまさかの「3兆円請求」!

 今回の「事件」が起きたのは鳥取県中部の北栄町。  鳥取県北栄町は旧大栄町と旧北条町が合併して2005年に発足、2018年9月現在の人口は15,166人。人気漫画「名探偵コナン」の原作者である青山剛昌氏の出身地であることから、旧大栄町時代から「名探偵コナンに会えるまち」として地域活性化を図ってきた。
北栄町役場大栄庁舎とコナン

北栄町役場大栄庁舎とコナン

 名探偵コナンは1994年の原作漫画連載開始・1996年のアニメ放映開始以来、主人公「江戸川コナン」(工藤新一)と謎多き大規模犯罪組織「黒の組織」が繰り広げる複雑な心理戦や駆け引きが読者の心を掴み、日本のみならず、アジア各国を始めとする世界各地で絶大な人気を誇っている。もはや、説明不要の国民的漫画・アニメ作品だ。  旧大栄町では地域活性化の一環として、1999年12月に開通した橋を「コナン大橋」と命名、町内各地にブロンズ像や案内看板の設置を進めるようになった。平成の大合併による北栄町の発足後も、2007年3月に「青山剛昌ふるさと館」を道の駅登録全国第1号「道の駅 大栄」の隣接地に開設、2013年にはJR由良駅に愛称「コナン駅」を付与して駅舎に観光案内所を移設するなど大規模リニューアルを実施、2017年3月には複合観光施設「コナンの家」「米花商店街」を新たに開設するなど、北栄町の「コナンタウン化」は一層進むこととなった。  2018年8月15日には、青山剛昌ふるさと館の来館者数が100万人を突破。「コナンタウン」は鳥取県内有数の観光地として国内外のコナンファンからも知られる存在となった。
青山剛昌ふるさと館

青山剛昌ふるさと館に掲げられた「100万人突破」記念の垂れ幕

次のページ 
コナンタウンを舞台に起きた「国境を超えた事件」
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right