「タイではタイ人と喧嘩するな」。微笑みの国タイの「銃社会」という一面

拳銃所持してバイトする警官

 警察官は特に銃器に身近な仕事である。先のように携帯許可証を得られる、というよりも銃を携帯することが大前提の職業だ。誘拐などの犯罪に走る警官もいるが、多くは正当に副業をして東南アジアでよくある公務員の低賃金を補う。その中には警備員をしてアルバイトをする警官も多く、彼らは職業の特性を活かし、拳銃を所持して警備に当たる。  タイでも警察官の拳銃は官給品のひとつである。「国が支給した銃でバイト?」と思うかもしれないが、そういったときに使われる銃は個人所有だ。タイでは警察官のほとんどが個人所有の拳銃を勤務中にも使用する。  拳銃は銃器店で10万バーツ前後(約35万円前後)で販売され、特に警察官は免税など特別待遇があり、一般より安く購入できる。だから、警察官はより高性能な拳銃を所有しやすい。  一般タイ人でも、警察官が個人所有の銃を使うのは見せびらかしや、銃マニアだからだと思っている人がいる。しかし、事情は少し違う。  タイの公務員は日本や欧米のように国民のために働くという意識はなく、国王陛下に仕える者と考えている。そして、支給される拳銃は国王陛下の資産であり、それを紛失・損壊してしまった場合、当人だけでなく上司など関係者が処罰されることになる。それを恐れてタイの警察官は個人所有の拳銃を使う。マイ・ガンならなくしても壊しても、誰にも文句を言われないというわけだ。  しかし、警官も人間である。ときに南国特有の気質からカッとなったら感情を抑えきれずに銃を使って人を撃ってしまうのだ。
次のページ 
タイでタイ人と喧嘩する「リスク」
1
2
3
4
PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right