レズビアン向け風俗経営者「女性同性愛者にとって家庭や職場とは違う”第三の居場所”を提供したい」

rezu

レズっ娘クラブ店舗ウェブサイトより

 2015年に『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(漫画家・永田カビ氏)がネット上に発表されると、同作品はあれよあれよと480万閲覧を超えるヒット作に。  その後この作品はタイトルもそのままに出版され、さらに大きな話題となったのだが、同時期から大きな社会的ワードとして認知され始めたのが「LGBT」だ。  『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』作品の舞台ともなった、レズ風俗店「レズっ娘クラブ」の経営者であり、『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』の著者でもある御坊 obou氏も「ちょうど時代が動き出したのが2015年頃、そこまでの9年間は貧乏していました」と経営を軌道に乗せるのは簡単なことではなかったと語る。  経営開始当初からキャストへの思いの強さが伺えるのは、“求人サイト制作者”という経歴を持つため。この思惑通り、大半の風俗店にとっての第一関門となる「求人」という障壁は難なく突破となったようなのだが……。  そこから待ち受けていたのは「利用客が女性」という難しさだった。  多くの利用客が「レズっ娘クラブ」の存在とそのサイトの存在を知りながらも、実際にサービスを利用するまでには二の足を踏んでいたようで、覚悟と勇気を持つために数年間悩み抜いてようやくたどり着いたという利用客も一人や二人ではないという。

顧客の性的趣向に合わせて、在籍キャストの種類も豊富

 そこで御坊obou氏が取り組んだのは、利用客に対するサービス利用までの敷居を下げるという試み。  ターゲットが女性客ならではの多様なプレイスタイルの取り入れや、レズ風俗の存在や利用客の存在を広く周知する活動、中でも最も力を入れているのが「利用客の不安を払拭する」というものだ。  サービス利用に二の足を踏んでいる女性たちが抱えているであろう不安点を細かく払拭しながら解説する冊子の作成、そして業界でも初の試みというのが提携クリニックを持ち、利用客も性病検査をキャスト価格で受けられ、さらに検査を行うことでサービスの割引が受けられるという画期的システム。  これにより性病という不安も大きく遠ざけられることとなったため、利用客からの評判も上々だという。
次のページ 
キャストへの待遇は業界トップ水準だという
1
2
●「レズっ娘クラブ」https://lesbian.jp/

PC_middleRec_left
PC_middleRec_right
関連記事
PC_fotterRec_left
PC_foterRec_right