中国での身柄拘束、スパイ容疑とそれ以外では扱いに雲泥の差

我妻伊都
中国公安のパトカー

公安のパトカー

 12月21日にロイターが配信した記事を読んで背筋が凍った。その理由は、中国でスパイ容疑により拘束されているカナダ人たちの扱いが今から3年ほど前に聞いた話とほぼ同じだったからだ。(参照:毎日聴取、夜間消灯できず=中国で拘束中のカナダ人-ロイター–時事通信)  3年ほど前、中国の地方政府の役人と食事をしていたときに、役人からスパイの容疑者を担当する国家安全局(中国語だと国家安全部)での容疑者の扱い方の一部を聞いた。  スパイの容疑者は基本的には他人と接することがないように個室で収監される。早朝から深夜までおよぶ取り調べは毎日行われ、消灯時間はなく室内電灯は24時間つけたままで、寝るときは仰向けで室内灯を向いて寝なければいけない。  極めつけは、面会制限で、親族はもちろん弁護士の面会、接見も禁止される。唯一面会できるのは、大使館の関係者のみでそれも月1回のみとなる。むろん差し入れの類は一切できない。  中国は国際的な人権軽視や虐待との批判をかわすため肉体的には一切手を出していないことを強調している。確かに直接の拷問や虐待ではないが、これではメンタルヘルスを崩壊させる手段を用いて取り調べをしているとしか思えない。  国家安全局だとそのような扱いとなると地方政府役人から聞いたとき著者は、「本当にそこまでやるのか?話を盛って大げさに話しているのだろう」と思っていた。  それが現実に行われていることが拘束中のカナダ人と面会したカナダ大使館関係者の話としてロイター通信が伝えたのだ。
次のページ 
スパイ容疑とそれ以外の拘束では扱いに差
1
2
3
4
5
関連記事
6
7